総合商社営業の交際費について。実費負担はどれくらい?440view

大学の就職活動の際、総合商社に憧れて就職活動をしていましたが、残念ながら縁がなく、現在は小売業のバイヤーをしています。バイヤーとしての知識も付き、その経験を生かして憧れの総合商社に転職を考えていますが、1点気になることがあります。
今の職は自社製品を買う機会も多く、付き合い等で実費負担が非常に多いのです。もちろん自社製品の購入することは勉強にもなりますし、付き合いで客先や取引先との距離が縮まるので嫌ではないのですが、月々の出費が多く、家計を圧迫しています。そして、若干奥さんからも小言が聞こえてきています…。

商社も海外出張や接待等のイメージがあるのですが、全て会社経費で賄えるものでしょうか?きっと実費負担もあると思いますが、どの程度でしょうか?
商社の交際費の現実を教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. 5vrevulsion 2016/09/29 15:27

    会社の規定がわかりませんが、今どき、取引先への接待や、営業レベルで判断できるような会食等で経費精算出来ることは少ないです。私の会社では、予め申請すればお金がもらえるようになっておりますが、実際には上司の段階ではじかれてしまい、よっぽどの事でない限り申請が難しいです。具体的には、取引先主催の忘年会や懇親会など、会社対会社での場合などに限ります。

    出張についても海外と国内で変わりますが、基本的にかかった旅費+少額の出張手当が会社から支払われるだけで、それ以外の食事等にかかった費用は実費です。
    知り合いの商社マンに聞いてみても、どこも似たような状況だと言っていました。
    暗黙の了解のようで辛いですが、正直これが現実だと思います。出張中はなるべくお金を節約し、付き合いの飲み会等はなるべく自分より上の先輩を巻き込めば失費は多少減らせるかもしれませんので、宜しければ実行してみてください。

    あと、少し気になったのが、自社製品を会社側から強制的に購入させられているとしたらブラックな気がします。アパレル関係やコンビニのギフトなどではよく聞く話ですが、正直商社でそんな話は聞いたことがありません。もしあんまり酷いようであれば、会社側に申し出てもいいと思います。
    正直、会社では納得できない事が多いと思いますが、自分の中でどこまでが割り切れて、どこからが割り切れないかを明確にしてこの先を考えてみてはいかがでしょう。

  2. 9timid 2016/09/29 9:20

    確かに自己負担はあるけど、うちは小さい商社なので、取引先との食事は向こうの社長が会社の経費として払ってくれるケースもあったりして、意外に自己負担は少ないよ。むしろ、頂けるものの方が多いかも。
    工場からの商品サンプルの不良品などは全社員に持って帰っていいよとアナウンスがあるし、まだ自分が若いからか、社内でもバブル期の商社を生き抜いた先輩たちが必ず良いお店で奢ってくれる。
    現金の自己負担はあるけど、見返りとして商品や食事が頂けると思えばプラマイゼロと思えばいいんじゃないかな?奥さんにも理解してもらってください。

  3. abject 2016/09/29 1:33

    総合商社で営業をしています。営業職は実費負担がつきものですが、私は極力会社に申請してお金を返してもらうようにしてます。さすがに仲のいい取引先との食事までは請求しませんが、ちりも積もれば山となるですからね、バイヤーに渡す手土産品とかは会社に請求しています。

    もちろん海外・国内出張費等は普通に出ますが、意外に見落とされがちなのが通信費です。
    うちは会社から携帯を渡されておらず、バイヤーとの待ち合わせの際等、携帯の番号を伝えるとなるとプライベートの携帯を伝えるしかありません。(会社の携帯があったとしても、よりプライベートを拘束されそうで嫌ですが。)
    一度プライベートの携帯番号を伝えたら最後、終業後にも時々バイヤーから電話がかかってきたり、その回答として電話をかける必要が出てきます。海外だと若干の時差があり、終業後の電話も多いのです。その際、国際電話になるので、月々の通信費がとても高くなるのです。
    プライベートではなく仕事で国際電話をかけているのだから実費はおかしい!と会社と相談して、国際通話分に関しては会社負担するように掛け合いましたよ。
    結果、国際電話代に関しては会社負担にしてもらいました。これは言わなきゃ損ですよね。

    どの程度会社負担かは会社によるので、色々見てから判断された方が良いと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する