高学歴でないと法務への転職は難しいですか?136view

今現在総務で働いておりますが、数年前法律的な問題に携わったことをキッカケに法務として働きたいという気持ちが湧いてきて、現在法務部への転職を考えています。
しかし、自慢できるほど学歴が良いわけでなく、地方の私大出身です。
いわゆるFランと言われている大学ですし、法務に携わったのも数年前の一件だけでして、普段は総務部として働いています。
こんな私でも法務部へ転職することができるのでしょうか?
法務に携わる人達ってやっぱり学歴良い人ばかりなのでしょうか?
教えてください!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. 6tolerable 2016/09/30 9:31

    新しい職種に転職活動を通してチャレンジするのは結構ハードル高いですよ。しかも法務部なんて結構特殊な部署ですし、専門的な知識が求められます。総務から営業であったりと一般的な職種であれば可能だと思いますが、法務部はちょっと厳しいかな…と思ってしまいます。

    と言っても、私も総務部から法務部へ転職活動を成功した人間ですので、私がやってきたことを少しだけ説明させて頂きますね。
    前の方も書かれてますが、やっぱり「法的知識を持っています!」ということをアピールするためにビジネス実務法務検定は取りました。最初は3級から始め、2級まで取りました。1級は法務部所属しか受験資格がないので取れませんでした。
    また、法学部出身の友人に聞いて行政書士も簡単だから取っておけばということだったので半年間みっちり勉強して行政書士試験も受験しました。直接行政書士の資格が法務部で活きることは無いですが、あくまでも対外的なアピールの材料としては使うことができましたね。法務部への中途採用を考えている方はビジネス実務法務検定は取るのですが、行政書士資格はあまり取らないのでそこで少し差別化できたかなと感じています。
    あとは面接時に話を少し盛って、総務だけと法務的なことも少しはしていましたよ!とアピールしたので、じゃあ採ってみるか!と思わせることができたのではないかと思います。

    職種を変えての転職活動は非常に難しいですが、アピール材料を増やせば可能です!ただ、転職活動でやりたかった仕事にはつけましたが、年収は変わりませんでしたね…。また、日々新たな法的知識を求められるので法律に明るくないと転職活動後が難しくなってきますので、日々努力は怠らないよう注意してくださいね。

    質問者様の転職活動が成功することを祈っています!頑張ってください!

  2. sentiment317 2016/09/28 13:21

    人事担当の者です。現職では中途採用を主にやっていますので、その観点からアドバイスさせていただきますね。

    まず、中途採用の場合、学歴はあまり重視しません。内定を出すか否か悩んだ時の最後の一押しぐらいにはなりますが、それぐらいの考慮しかしません。
    また、法務部採用も過去にしたことがありますが、応募された方の中には法学部出身以外の方もいましたが、現職は法務部の方が多かったです。
    法務部採用の際に一番重視したのは、
    1. 当社のビジネスモデルにマッチした法的知識を持っていることと
    2. 当社に対する理解が深いこと、
    3.人柄
    の3点です。

    法務の中途採用って本当に必要な時以外あまり募集しないので、即戦力となる人材を求めています。したがって、新たに法務としてのキャリアを築きたい!というチャレンジングな思想を持って転職活動をされても、結果はあまり良い方向に行くとはあまり思えませんね。即戦力となれるよう、まずはご自身で勉強して努力をされた方が無難かと思います。
    厳しい意見かもしれませんが、参考にして頂ければと思います。

  3. troop-24 2016/09/28 10:41

    法務部で働きたいとのこと、珍しいですね~。大学時代の学部は何学部ですか?まぁ法学部だからと言って転職できるとは限らないのですが、大学の学歴というよりは、どの学部にいたか?が法務部では重視される感じがしますね。文学部や経済学部におられた方ですと、まず法律に対して苦手意識を持っている方が多いので法務部で採用することはあまり無く、やはり法学部出身の人間が多いです。
    また、学歴は特に気にすることないと思いますよ。学歴を問われるのは新卒採用であって、中途採用の場合は、学歴よりも今まであなたが何をやってきたか?を重視します。

    しかし、どちらを問われても質問者さんは法務への転職は厳しいかもしれませんね。まず法務として働いたことが一度もないのに法務部へ転職するというのは、よっぽどでない限り採用されることはないと思います。
    なので、まずは対外的に法的知識を持っています!ということを証明するために行政書士や司法書士の資格であったり、ビジネス実務法務検定を取ってみる等々やってみてはいかがでしょうか?本当に法務部へ転職を考えているのであれば、まずはそこからスタートした方が良いと思いますよ。是非チャレンジしてみてください!

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する