経営コンサルティングファームに強い転職エージェント12view

初めまして!コンサル転職を目指してます。もっともっと成長したい!という思いで、戦略系のコンサルティングファームへの転職を本気で考え始めて、準備として色々と調べているところです。戦略コンサルティングファームへの転職は狭き門だと思いますので、チャンスを取りこぼすことのないよう、エージェント選びも慎重にしたいと思っています!僕は新卒から今の会社に入っているので、そもそも転職の経験がなく、とりあえずマイナビとかリクナビなど、新卒の就活の時と同じ感覚で考えていたのですが、友人から「それは考えが甘すぎる。中途採用で転職するには、転職エージェトをしっかりつけて、推薦文を書いてもらったり面接のアドバイスをもらったり、もし採用が決まったら給料の交渉をしてもらうとかしてもらわないと、転職市場で勝てない」と忠告されてしまいました・・・。
僕自身、コンサルになりたいとは思っていても、転職エージェントのこととか、具体的な転職活動とはどんなことをするのかなんて全く考えていなかったので、これも真剣に考えないとなぁ・・と感じています。

中途採用で経営コンサルティングファーム(できればマッキンやベインなどの戦略系がいいです)に転職を果たされた方に、具体的にどんな転職活動をされたのかを質問したいです。特に、どの転職エージェントがいいとか、そういった情報がとてもほしいです!
どうぞよろしくお願いします。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. memoriariE 2016/09/18 13:30

    現役コンサルタントです。確かに、転職活動、特にコンサルへの転職はエージェント選びも含む事前準備はとても重要だと思います。私がコンサルに転職した時には、コンサル専門のエージェントの数もあまり多くはなく、よく転職エージェントが開催しているキャリアセミナーなどに休日にわざわざプライベートの時間をかけて参加して、ガッカリした記憶があります・・・・・。

    話を元に戻しますが、まずはコンサルファームへの転職に強いエージェントというのは数に限りがあるということを知っておいてください。表向きでは「どんな案件でも幅広く取り揃えています」とか、「コンサルに強いです」「外資系に強いです」などと看板を上げてる業者もあるようですが、希望されている戦略ファームなど、大手のコンサルティングファームへの転職者斡旋実績が圧倒的というエージェントはとても少ないです。私自身が、最初に転職活動を始めた時にネットでの事前調査で、そういった看板を掲げているエージェントと面談をしたことがあるのですが、コンサル転職を希望しているという話をすると、「転職にはまだ時期が早いので、とりあえずは事業会社で経験を積んでからの方がよい」といって、全く希望していない事業会社への応募を薦めてきたリ、ひどい時には「あなたは東大出身じゃないし、英語もできないからコンサルティングファームは難しいと思います」と、切り捨てられた経験すらあります。それか、コンサルティングファームの案件は豊富に持っている、といって、日系のあまり名前も聞いたことのないような新興ファームを薦めてきたり、コンサルというよりは調査会社のようなところへ応募をさせようとしたり、まずは中小企業診断士の資格を取ったほうがよい、など的外れなアドバイスをされたこともありました。長くなりましたが、つまり、エージェント選びは経験者にしっかり聞いてからの方がよいです。

    私のおすすめは、ムービンストラテジックキャリア、アンテロープ、イーストウェスト、マイケルペイジ、アクシスコンサルティングぐらいと思います。ムービンとアクシスはコンサルに特化していて、所属エージェントも大半以上がどこかしらのコンサルティングファームの経験者のようです。ただ、アクシスは若干テクノロジー系のコンサルファームへの転職の方が強いかもしれません。(アクセンチュア、デロイト、アビーム等)私はムービンさんにお世話になりましたが、ここは戦略系にもテクノロジー系にも強いです。エージェントというよりは、塾のような感じでした。単に面談をして適当な案件を紹介されるのではなく、レジュメの書き方の徹底指導、模擬面接、なぜコンサルになりたいのかを徹底的に考えさせるなど、なかなかのサービスでした。エージェントの方ももちろん元コンサルで、(敢えて)歯にものを着せぬ話し方をされ、何度もくじけそうになりましたが、時には励まし、時には叱咤し、二人三脚で転職活動を乗り切ることができました。もちろん、単純に私がお世話になったエージェントさん個人の魅力や能力のせいもあるでしょうし、相性もあるので、そのあたりはご自分で見極める必要がありそうです。それ以外のエージェントは、コンサルというよりは、コンサルも含む外資系企業にとても強いので、案件としては戦略ファームの募集も持っている可能性は高いと思います。

    転職までの準備というところでは、ひとつ言えるところでは、とにかく考え抜くというクセをつけられるとよいのではと思います。コンサルは大企業の経営層ですら考えられないような戦略を提示しなければならない、最高峰の知的労働です。日頃の事象、例えばニュースなどをみて、なんでこういった報道がされているのか、その裏には何があるのか、など、常に「なぜ」を徹底的に頭の中で追求するクセをつけてください。さらに、「なぜコンサルになりたいのか」というそもそもの理由についても徹底的につめていった方がよいでしょう。世間には(さすがに今はいないと思いますが・・)カッコイイから、とか、将来経営者になりたいから、とか、ビジネスを勉強したいから、などという浅はかな発言で面接で落とされる人もいるようですから。参考になれば幸いです。

ページ上部へ移動する