バスの運転手の苦労ってどんなことですか?516view

バスの運転手ってどんなことで苦労しますか?
やはり拘束時間の長さやクレームなどでしょうか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. 5concentrate 2016/09/14 18:22

    路線バスのドライバーです。苦労する点といったらやっぱり拘束時間の長さですね。
    路線バスの勤務は、早朝と夜の勤務で間は休憩という変則的なものがあります。
    家が近ければ帰宅することも可能ですが、そうでなければ休憩室のような畳の部屋でずっと待機状態になります。
    この拘束時間の長さも関係しているのか、バスのドライバーの中には体調を崩したり、精神的に参ってしまうも多いです。なかなか時間通りに運行しようとしても難しいときもあるので、緊張している時間が長くて精神的に辛くなるのかもしれません。路線バスのドライバーは、完璧を求める方には向かない仕事かもしれませんね。

    また、職業病かもしれませんが、腰痛が辛いですね。1度座ると同じ姿勢で何時間もいるわけで、やっぱり腰に負担がかかってしまいます。腰痛に悩まされているバスの運転手ってすごく多いと思います。軽い痛みのうちは湿布でおさまったりもしますが、ひどくなるとヘルニアになったりしますから注意が必要だと思います。

  2. appointmentbook 2016/09/13 17:30

    観光バスのドライバーをしていたことがあります。苦労を書き始めたらきりがないですよ・・・苦笑

    やはり拘束時間の長さ、休みの少なさはキツかったですね。年末年始や夏休み中のお盆期間になると休みは取れないです。その疲れが溜まってきている状態で、長時間渋滞している道を走るのは正直疲れます。少しでも集中力が途切れれば事故につながるわけですから大変です。

    また、観光バスといっても、日帰りのツアーバスと夜行バスでは拘束時間がまったく違ってきます。特に夜行になると2泊3日は拘束されて自由な時間はなかなか取れないし、長時間お客さんを乗せているとトラブルやクレームもあります。
    特にお酒を飲んでいる乗客となるとなかなか大変なところがあります。たとえドライバーが悪くなくても、問題を素早く解決するためには、ドライバーが謝らなくてはいけないこともあります。
    また、夜行バスなどでは、現地についてから昼間に睡眠をとることになり、基本は狭い部屋で相部屋です。一緒の部屋の人のイビキがすごくて眠れなかったこともしばしばありますし、関西から東京に向けての夜行なら、途中で交代して休憩をとることになりますが、休憩スペースがないバスでは、運転席の後ろの席で過ごすことになり、とてもゆっくり休めたものではなかったりします。
    バスの運転手は、かなり体力がないと辛い仕事だと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する