コンサルティングファーム内の社内政治について134view

コンサルティングファームへの転職を考えています。やはり厳しくてもやりがいのある仕事に早いうちから携わりたいという思いが強いです。転職してすぐに完璧なパフォーマンスを出せる自信はなくても、自分は割とコツコツ派なので、諦めず努力を重ねて、1~2年で一人前のコンサルタントになりたいと思っています(転職できたらですが・・・そもそも)。
 
ただ、私が聞いたところでは、コンサルティングファームは実力主義のUporOutなところもある一方で、ある意味の社内政治がはびこっているという話でした・・・。ファームによるというところが正解なのかもしれませんが、私にはどのファームがどういう組織風土でというところまでは分かりません。。。そこで質問なのですが、コンサルティンファーム内での社内政治ってどれほど深刻&恐ろしいものなのでしょうか。
例えば社内政治により昇進が決まったり・・ということが当然のように行われるようなファームがあるのであれば、いくら新人コンサルタントが必死に努力しても報われないのではないでしょうか・・。それならば、コンサルティングファームではなくベンチャー企業のようなところに乗り込んだ方がもしかしたらいいのかも・・などと思ったり・・・。
どう思われますか?情報をお持ちの方、よろしくお願い致します!!

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. nekrue9 2016/01/08 14:17

    社内政治が跋扈(ばっこ)していた某コンサルティングファームに数年前まで勤務していたものです。これも、質問者様が仰るように組織風土はファームによりますので、すべてのコンサルティングファームが社内政治に毒されている(笑)と考えないようにお願い致します。

    さて、私が所属していたファームは、どういった社内政治なのかというと、割とその傾向は明確だったのである意味対応はしやすかったです。アサインという点では、新卒のプロパー社員が比較的多いファームだったので、パートナー、シニアマネージャーレベルもプロパーで占められており、新卒社員はお姫様・王子様か?と思うレベルで大事に扱う、さらにバイリンガルであればどれだけ頭が悪めでも丁重に扱うというものでした。必然的に中途社員については、バイリンガルであればまだ優遇もされていたようですが、そうでない場合には貧乏くじプロジェクト(激務・休みナシ・勉強にもならない)に強制的に生かされたり、国内・海外問わず誰も行きたがらないような辺境の地への一人常駐を押し付けられたりとなかなか散々な目にあっていた人が多いようです。私自身も一時期そういった扱いを受けていました。
    ただ、中途社員でも優秀な人は当然優秀であり、それも少しの期間ファームで働けば周りにもその優秀さが知れ渡っていきます。その場合においても中途・新卒の壁はなかなか取り払われず、私の場合は、幸運に優秀めの人材と認識され始めた矢先、私が作成した成果物や論文を名前も知らないマネージャーに横取りされてしまったり、そのくせ期末評価は「普通」を敢えてつけてきて、「君はまだまだだ」のようなこじつけのような理由で押し切ろうとし、自分の失態を隠そうとしたり・・・。そんなことは割と普通でした。

    一番「ないな・・」と思ったのは、不倫による昇進でした。お恥ずかしい話ですが、私が所属していたファームではパートナーやシニアマネージャーレベルの男性が、20代の若手コンサルタントに手をつけるということが頻繁にあったようで、中にはその不倫によって若いうちにマネージャーにのしあがった強い女性もいたようです。当然、実力が伴っていない中の昇進でしたので、彼女たちの下についたスタッフの疲弊感はなかなかすごかった模様です。

    なかなか恐ろしい環境だったと思いますが、実は私はこのファームで働けたことを全く後悔していません。悔しいことも多かったですが、そのような敢えて厳しい環境に身を投じ、その中でも諦めずにパフォーマンスを上げることができたという自負が私にはあります。ですので、今の会社を含め、どれだけ大変なことが起こってもなんとかできるという自信につながり、今の会社でも高く評価して頂いています。さらに、そのようなファームは多かれ少なかれ、バッシングを浴びることになります。または困った状況に陥ることになるでしょう。
    そのファームも、そんなことが多いため、多くの優秀なスタッフが流出してしまい、逆に社内政治だけで上にあがった能力がないマネジメントばかりが残り、常に人手不足の状態にあると聞きます。コンサルティングファームの商品は人しかいませんので、これは危機的な状況です。

    言いたいのは、転職前にファームのセミナーに参加する等して情報を事前にたくさん集めておくということももちろんですが、どんなファームに入ったとしても、努力は必ず実ります。そして、その努力がコンサルティングファームを出た後のキャリアにつながっていくのです。ぜひ、そのあたりも心の隅において、転職活動をされてください。

ページ上部へ移動する