構造設計事務所から意匠設計事務所への転職は可能?253view

私は構造設計事務所で働いています。現在勤務4年目で一級建築士資格を持っています。
将来は私も構造設計専門の建築家になろうとずっと思っていましたが、たまたま2年ほど前から有名な建築家の設計事務所と組んで構造設計を担当する仕事をする機会が何度かあり、だんだん意匠設計に強く惹かれるようになってきてしまいました。
 
今ではこれらの事務所に頻繁に遊びに行って、スタッフさんたちと食事に行ったりテニス旅行に行ったりしています。
構造設計のスタッフ仲間と話すよりも創造性があって楽しく感じるのです。
いっそ現在の構造事務所を退所して意匠の事務所に転職してしまいたいと真剣に考えています。
が私は構造設計一本槍だったので、意匠設計ができる自信がありません。
そんな私でも意匠設計事務所に転職はできるものなのでしょうか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. oxygen 2016/08/04 22:24

    私も意匠事務所への転職は可能だと思いますが、同時に少しもったいないような気もいたします。
    意匠設計に転向してしまうのではなく今のままお仕事を続けて、将来は意匠に強い構造建築家としてやって行く道もあるのではないでしょうか?
    現代ではコンピューターの普及によって構造解析技術が飛躍的に進歩しましたよね。以前では解析がほとんど不可能だった特殊な形態も、現代では3Dグラフィクスで検討しながら短時間ですべて応力解析できてしまいます。
    結果、建築造形の自由度も飛躍的に増し、構造建築家の必要性はどんどん増えています。もはや構造建築家は意匠建築家に依頼されて解析をするのではなく、プロジェクトの初期段階から両者でタイアップして造形と構造を一体で考えて進めていく存在と言ってもオーバーではないでしょう。
    例えばロンドンのオヴ・アラップ事務所、日本の川口衞さん、木村俊彦さんなどは代表的な例ですよね。またスペインのサンチアゴ・カラトラヴァ、イタリアのレンツォ・ピアノ、イギリスのノーマン・フォスターなどの作品を見ていると、もはや意匠建築家と構造建築家の境界すらなくなっていることを実感します。
    そういう意味では、新しい時代の新しい職能としての建築家の可能性を、質問者さんもまた切り開いていく存在になる人なのかもしれませんね。

  2. glance48 2016/08/03 21:52

    私も意匠設計事務所への転職は問題なくできると思います。ところで質問者さんが転職を決意される前に、ぜひ検討されると良いことが1つあります。それは、構造設計事務所に5年間勤めますと講習を受けるだけで構造設計一級建築士を取得することができる、という点です。
    現在4年目とのことですので、あと2年間弱で構造設計事務所5年勤続になりますよね。せっかくの機会ですので、ぜひ構造設計一級建築士を取得してから意匠設計事務所に転職なさってはどうですか?経験者として転職するのですから、2年遅くなっても問題はないと思いますよ。

  3. cafeteria 2016/08/03 15:35

    私は問題なく意匠設計事務所に転職できると思いますよ。私自身小さな設計事務所をやっていますが、もし事務所に構造設計の専門家がいてくれたらどんなにありがたいだろうと思います。どの設計事務所でもそうだと思いますが、構造設計事務所との打ち合わせにはいつも大変なエネルギーを要します。意匠サイドからの要望や提案、質問事項、コストやスケジュールの調整など、事前準備だけで相当に大変です。さらには打ち合わせ自体も毎回数時間に及び、時には深夜までかかることもあります。それだけに、構造設計の経験者がそばにいてくれれば事前に打ち合わせの「山場」や要検討事項などをつかんでおくことができ、仕事の効率が倍増します。

    また質問者さんは意匠設計の自信がないとおっしゃいますが、それもあまり心配ないと思います。有名建築家の意匠設計事務所と打ち合わせをなさってきたわけですよね?一流の意匠事務所が相手だと、かなり意匠的なことにも突っ込んで気を遣って躯体設計をし、代案を提示したり大胆な提案などもして行かなければなりません。柱の太さを3センチ細くするために大変な苦労を厭わないような人たちなのですから。そんな人たちと立派に打ち合わせをして来られたわけですから、それ自体がすでに立派な意匠設計能力だと私は思いますよ。

    ただ心配なこともあります。それは質問者さんが転職後に事務所内で構造設計のエキスパートとして「助っ人」化してしまい、スタッフさんたちにアドバイスをするのに忙殺されて結局は物件の担当がもらえないまま時間が過ぎてしまうということです。実際私はCADの達人の友人が7年間もSE的な存在として設計事務所で働いているのを見てきました。彼は事務所のホームページまでまるまる作らされましたが、もともとコンピューターが好きだしスタッフさんたちから褒めそやされるのですっかりSEの仕事に打ち込み、気がついたら担当どころか図面もほとんど描かずに7年間事務所にいてしまいました。もし質問者さんがそのような存在になってしまったら、なんのために転職したのかわからなくなってしまいますので、そこだけはご注意を。

ページ上部へ移動する