総合電機メーカーを辞めたいと思った時13view

総合電機メーカーを辞めたいと思ったのはどんな時ですか?
実は今、辞めたいと思っているのですが、いわゆる安定した企業を辞めるのもいかがなものかと。
他の方の体験談を聞かせていただきたいです。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. hoobastank 2016/08/01 12:12

    総合電機メーカーに長年勤めています。入社当時は、全員で8名ぐらいの業務課という経理課と総務課を兼任していた部署に配属され、経理的な業務を担当しました。私が入社した年というのが消費税を初めて導入した年にあたり、入社してからすぐ業務が多忙を極め、23時過ぎまでの残業もザラという日々がしばらく続いたのです。残業続きの毎日は、体力的にはとてもしんどかったのですが、担当内のみんなで助け合えている雰囲気の職場だった為、働くモチベーションに繋がっていました。また、一人の先輩が、私たち後輩には優しいのに、上司には言うべきことは言うというスタンスの人で、おまけに仕事も出来る。私にとって憧れの女性社員でした。この先輩の存在がなければ、きっと私はこんなに長く続けてこられていなかったと思います。
    こんなふうに入社時に消費税導入という洗礼を受けていた私は、多少業務が忙しいくらいではびくともせず、どんな部署に異動してもどんな仕事を任せられても、多少の問題では会社を辞めたいなどと思うことはありませんでした。経理兼総務、営業補佐、OA機器コールセンターオペレーター、ヘルプデスク、コールセンターにおけるナレッジシステムプロジェクトチーム、ナレッジシステムの運用管理・・・と渡り歩きました。

    ただ一度だけ、辞めてしまいたいと思った時がありました。それは課長以外が女性ばかりという部署の時でした。また、私以外のメンバー女性が、定時準社員と呼ばれる、正社員でもパートでもない雇用形態の社員。おまけに年齢も私と近い40代の女性ばかり。そこの職場の居心地が悪かったこと。悪かったこと。とにかく疎外感が半端ない部署でした。同じ部署に、社員の女性が私ひとりしかいないということも大きな原因だとは思いますが、事あるごとに、「私たちは社員さんとは違うから」と言ってきます。昼休憩も一緒のデーブルで食べてはいるものの、私が話に入れないような話題ばかりしてきます。本当にあの時は毎日昼休憩に行くのが憂鬱でした。

    でもこう思うようにしたのです。妬みや嫉み、妬心をあからさまにぶつけてくる人、こういう人は、きっとどこの職場にもいるはず。幸せで充実した毎日を送っている人や、必死に仕事をしている人というのは、他人のことなんて全く気にならないはず。だからこの人たちに多少厭みや悪口を言われても、この人は自分に余裕がない人なんだ、可哀想な人なんだと思うようにしようと。でもさすがに、ずっと毎日このメンバーで昼休憩を過ごすことは耐えられなかったので、時々、一人で食事に行ったり、前の部署の仲良かった友だちと食事に行ったりしていました。
    嫌なことがあっても、要は「もの思いよう」と思うようにして、このしんどい時期も乗り超えるようにしてきました。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する