介護業界への転職体験談4view

介護業界への転職体験談をお聞かせ下さい。どんな職種でも歓迎です。転職してぶちあたった問題点や悩みなども聞きたいです。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. salamander_koba 2016/07/25 19:45

    介護業界へ転職経験あります。ただ介護職員ではなく少し変わった職種です。
    3年前の4月に中途採用で、執行役員として介護施設に入社しました。
    それまではコンサルタント業をしていたので、介護業界は畑違いの業種でしたが福祉に興味がありこの世界に入りました。

    <転職してぶちあった壁>
    私が転職したのは、地方の中小零細企業が運営する介護施設です。
    従業員は全体で20名以下ですが、それなりに利益率もあり黒字経営をしている会社でした。
    しかし、介護の業界というのは(医療業界もそうですが)、公定価格が決まっていまして、公定価格を左右する権限は国にあります。
    公定価格というのは、公(例えば国や地方自治体)が決めた価格です。
    例えば、1時間の仕事なら報酬は5,000円というのが厚生労働省により定められています。
    そして、この公定価格は2年に一度行われる介護保険法の見直しによって、上がったり下がったりします。
    国が社会保障費の歳入や歳出のバランスをみて調整するわけです。

    私の仕事上の一番の悩みは、公定価格を下げられた時にどう対処するかという問題です。
    実際に私たちの業界では2014年の4月に公定価格が4パーセント引き下げになりました。
    公定価格が4パーセント下げられるということは、純粋に売上が4パーセント減るということ他なりません。
    例えば、1,000万円の年間売上がある企業の場合、本来なら1,000万円の売上を確保できるところが960万円しか入ってこなくなります。
    それも、同じ経済活動をしているのにもかかわらずです。
    正直、この問題にぶつかったとき本来得ていたはずの4パーセントの利益をどう回収すればいいのか非常に悩みました。

    <どうやって解決策したか>
    解決策を見出せないでいた私は、各地で開かれていた介護事業所の経営セミナーへ足繁く通うことにしました。
    当時、公定価格の変動により同じような悩みをもつ介護事業所が多く、その問題に対応するセミナーも頻繁に開かれていました。
    そこで、知り得た解決策は、
    ・ 助成金を獲得し損失部分をカバーする
    ・ 従業員の給与ベースを引き下げる
    ・ 損失額と同額の経費削減をする
    ・ 他事業を展開し売上を確保する
    ということでした。
    この解決策を会社へ持ち帰り、役員会で検討しました。
    そして、役員会の結果、給与を引き下げるということと、経費削減をすることで決まりました。

    しかし、従業員の給与を一方的に下げるというのも役員の示しがつきません。
    そのため、まず役員報酬を大幅に引き下げ、従業員に給与ベースを引き下げざるを得ない理由をしっかりと説明しました。
    そして、従業員全員に同意を得た後で給与ベースの引き下げを行ったのです。
    この説明があったからこそなのか、引き下げから現在まで退職者は一人も出ておりません。
    そして、経費削減も功奏し前年度の売上は、公定価格が引き下げられる前と同水準まで回復するに至りました。
    今となっては八方塞がりになっていた時に足繁く通ったセミナーが、突破口の糸口だったと実感しています。

    少し変わった転職なので参考になるかわかりませんが書いてみました。

介護業界転職サイトランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 上場企業系列の介護系求人サイト「ツクイスタッフ」が安定感抜でランキング1位を獲得中!拠点は全国に30以上!

  2. 資格がない方へのサポートもあり!これから介護業界を目指しながら働きたいならこのサイトからスタート!

  3. 大手ベネッセグループが提供する介護系の求人サイト!2サイト併用する人はベネッセ利用者が多い!

ページ上部へ移動する