産業機械メーカーのシステム開発の職場環境ってどんな感じですか?27view

この度、転職を考えています。
私はこれまで産業機械向けのシステム開発の仕事に携わっていましたが、あまりにも理不尽な業務タスクからくる仕事量に追われ、夜遅くまで働き詰めの状態となり体を壊して離職しました。
最近になってやっと気持ちが落ち着き新しい仕事につこうと転職活動を開始しましたが、以前と同じ業界は拒否感があり、ほかのシステム構築スキルを生かせる仕事を探しています。
以前の職場の主な取引先であった産業機械メーカーのソフトウェアの仕事はどうかと思い、情報を集めています。同じシステムの案件でも受注元での仕事は多少違うだろうと考えての事です。

これまでに産業機械メーカーでシステムや組み込みソフトウェアの開発に携わった経験のあるかたに職場環境の状況を教えて頂きたいです。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. seimi2 2015/06/17 23:11

    日系産業機械メーカーの装置システム開発部署で働いていましたが、最近離職しました。私のいた企業はとても厳格な縦割りの組織構造で、装置システムを作っている現場では実際の機械を目にして作業をすることはありませんでした。これはシステム開発の現場としてはかなりの問題があると常々感じていました。ターゲットとなる機械がどのような構成かも理解してないので、ソフト的には通るプログラムでも物理的にエラーが発生することが度々ありました。これは、ソフトの開発者が組み込む機械の構造を理解していないからです。結局、納期に間に合わず未完成なシステムで製品を納品するので、現場ではありえないエラーが頻発していました。こんな製品を商品として売り出す事に大きな疑問を感じながら働いていました。(ちなみに産業機械業界ではそこそこ名の知れた企業です)
    システムの開発環境はもっとひどく非効率で無駄なほとんど儀礼的な業務が多く、ソフトウェアの開発現場での効率化の標語がどこへいったのやらという状態です。一つのバグを修正するにもいくつもの手続き書類(紙媒体です!)をかき、承認を得る時間がとても無駄です。その紙の手続き書類は大事に保管されるだけで後で見ることは多分ないでしょう。ISO認証でデータ蓄積が命令されている事案であることは理解出来ますが、もう少しなんとかならないのかと思います。ソースコードの中にバグの修正箇所はコメントしますからね。紙書類なんて確認することはほとんどないです。
    後は、無駄なミーティングの連続で、これも納期が迫っているのに何度も開かれます。だいたいは何か一つのなんて事のない修正をみんなで話し合って合意することが目的で、開発リーダーの裁量で済ませばよいものを、リーダーが責任を取りたくないから皆で話し合うのです。リーダーの不在が顕在化しています。結局は納期が迫り残業、残業、ノー残業デーではサービス残業です。このような状態を是正できない企業はどんなに有名企業でも先は長くないと判断して、私は離職しました。

  2. bizmachine 2015/06/14 20:16

    復調し、前向きになっているところ大変心苦しいのですが、産業機械メーカーのソフトウェアの開発現場はあまり良いとは思えません。
    日本の産業界ではソフトウェアの技術者の地位はとても低いです。酷い所だと、ソフトウェアの価値はタダ同然と考える輩もいます。そのような状況は古い体質の企業ほど酷く、機械屋の顔が大きく幅を利かせています。
    日本人特有の考えなのでしょうか、どうも物納主義的な発想で目に見えないものの価値は分からないようです。彼らにソフトウェアの開発には膨大な時間とコストがかかることをいくら説明してもまったく納得してくれません。理解力のない人ほど平気な顔で無茶な要求をしてきます。
    私見ですが、産業機械メーカーで特にそれなりの規模になっている企業は、あなたが以前いた企業と大して変わらないと思います。

    変な話ですが、戦艦大和の主砲は手動で回していたのをご存知ですか?片やその当時の米軍戦艦の主砲はレーダーで敵艦捕捉し、自動照準で発射する方式を採用しています。
    人力と自動では、どちらの方が有利でしょうか?一概にどっちとは正確にいえませんが、手動で命中精度の高い射撃をするためには技術力が要りますし、その人員は高い練度が要求されます。その人員を教育するために必要な時間というのは膨大なロスです。
    ソフトウェアの導入によってより確実な目的達成が見込めるのに、その無駄な作業をすることに固執して目的そのものが達成出来ない。すごく非効率で、どこか現在の日本の産業界に通づるものを感じます。

    もし、システム関係の就職先を探すのであれば、日系企業はやめておいた方がいいです。
    外資系企業のシステム関係の仕事の方が、同じ仕事量で倍以上の給料をもらえます。もちろん大変ではありますが、働きに応じた給料アップもちゃんと望めます。
    よく退職金が出ない事を懸念される方がいますが、退職金が出ない分の給料はあなたの働き次第であっという間にペイできます。
    もし日本企業がよいのであれば、なるべく創業年が若い企業を探すといいです。社内部署間のヒエラルキーが固定化されていない企業があると思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する