洋菓子の会社で英語力を活かせるでしょうか29view

就活中の大学生です。英語が大好きで、外国の方とコミュニケーションをとったり英語を訳したり(翻訳というほどではありません)するのが得意です。
仕事の中で英語に接していたいと思うのですが、帰国子女でもないし、留学経験がある訳でもないので、翻訳や英会話講師など「英語そのもので仕事をする」というのは実力的にちょっと難しいと思っています。今は英語が話せる人もたくさんいるので、試験でもそういう人には太刀打ちできそうにありません。
で、思いついたのは洋菓子メーカーなのですが、商品由来も海外ですし、商品名も外国語が多いので、私の英語への興味が活かせるのではないかと思いました。甘いものも大好きです。
洋菓子のメーカーで英語力は活かせますか?ぜひ教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. taapir849 2015/03/27 23:42

    洋菓子メーカーの人事担当者です。
    確かに英語が話せる人は魅力的な人材ですので、評価としてはポイント加算されますね。会社によりますが、今後の事業拡大には世界共通語の英語が使えるに越した事はありません。英語は、基本的にはその後の業務によって急激に実力がついたりすることは見込めませんので、最初から使える人は貴重です。ただ、英語が話せることでそれを活かした仕事をしてもらおうという考えには及びません。もっと適性を判断する項目がたくさんあるので、参考程度です。まぁ、学歴と同じくらいの価値ですかね。
    私の会社では、数年前に帰国子女のバイリンガルを採用し、外国人の来客の際に立ち会ってもらったり、海外生産品などのやりとりのメールを訳してもらったり、とても助かりました。とても感じのよい人でしたが、肝心の“業務を段取りよくまわす”というのが苦手のようでした。結局天秤にかけた場合は、仕事ができる人にその席を譲ってしまうことになります。

    質問者さんは、英語がそこまで実力はないけど好きだから活かしたいとのことですが、洋菓子会社だから英語に関わる仕事がいろいろあって、英語が得意な人は活かせるか・・・と言えば、残念ながらそんなことはありません。“英語を武器にするほどの実力はない”と認識されているのであれば、そこにはあまりこだわらずに企業に就職し、他の人よりも英語が使えることで重宝されてポイントを稼ぐ方がいいのではないかと思います。

  2. grapevine_mc 2015/03/21 18:29

    20半ばの女です。洋菓子の会社で企画をしています。
    帰国子女(小学生までですが…)なので、英語はふつうに話せます。就職の際の面接で長所として述べたら、面接官(あとから、取締役の人達であると知りました!)の方々はとても喜んでくださり、入社後も「英語しゃべれるんだってねー」とたびたび言われ、現在花形の部署と言われる商品企画に携わっています。

    商品名を考える時に思いつくボキャブラリーが豊富で、重宝されています。あと、たまにかかってくる英語の電話も、「○○さーん(←私の名字)、かわってー」とすぐに私にバトンタッチ。
    他にも、普段文書の中でサラッと出てくる英単語について「○○さーん、これってどういう意味?」などと聞かれる事もしばしばあります。
    こんな風に、どちらかと言えば英語を仕事に役立てているというよりは、たまたま話せるので、重宝されている…という感じでしょうか。

    確かに、英語が苦手な人にとっては、英語が仕事の中で氾濫しているのでストレスになるかもしれませんが、特に必須とは思いません。
    学生の時に「今からの社会人は英語がしゃべれて当たり前」と言われましたが、全然そんなことないです。「英語がしゃべれたら、ちょっと重宝」くらいです。

    年に数人、海外出張をしていますが、それも英語が話せたら便利ではありますが、日本人の商社の方などがつくようですから、英語の能力で海外出張に行く人を決める事はなさそうです。

    私としては、面接時にあんなに歓迎されたので、せっかく話せる英語をもっと仕事にいかせるのかと思っていましたが、そこまでの仕事がないです。
    英語を活かしたいなら、外資系企業や商社などの方がいいのでは?と思います。

  3. glassyniina 2015/03/18 22:35

    洋菓子のメーカーで企画をしています。50代男性です。
    私は英語が特に出来る訳ではありません。出来たら助かる事もあると思いますが、現状とても困るわけでもないです。
    商品名には英語やフランス語がたくさん使われていますので、判読する場合も、ネーミング(商品に名前をつける)場合でも、詳しいにこしたことはありませんが、ネーミングの場合は、おかしくない英語(または他の言語)であるか、きちんと専門家に確認します。
    例えば「the」の付け方や、単語の最後に“s”をつけて複数形にするか、単語の頭のみを大文字にしておかしくないかなど、なんとなくのノリでネーミングするのではなく、きちんとした名前をつけて世に送り出します。また、商品カタログやPOPなどにもキャッチコピー的に頻繁に英語が使われたりしますが、これもきちんと確認しています。
    ですので、質問者さんがくらいの実力ですと、そこまでアテにはされないと思います。留学経験があってペラペラに話せる若い社員でも、日本の企業的な観点からしたら最終的な信用にはならないので、やはりお金を払って専門機関に判断してもらっています。
    たまに、取引先(例えば海外の原料供給工場か商社)からの文書が英語の場合がありますが、これも契約などに関わることはきちんと翻訳をつけてもらいます。そこまで重要な文書でない場合や海外のリーフレットを理解するときなどは、多少英語が出来る人がいたら重宝ですね。

    私の会社はそんな感じですので、質問者さんが期待しているような英語の活かし方はあまりないように感じます。
    でも、他社さんの商品カタログや商品名を見ていると適当なものもたくさん見受けられますので、洋菓子に限ったことではなく会社の方針によるのではないでしょうか?

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する