人材紹介会社2年目のキャリアコンサルタントです。スキル不足で悩んでいます。170view

新卒で人材紹介会社に入社し、キャリアコンサルタントとして勤務して2年目となります。
まだ2年目なので、当然なのですが、まだまだスキルが足りないと実感しています。
求職者も若い私が対応することにかなり不安を感じるようで、自分で役不足ではないかと悩んでいます。実際、結果もなかなか出すことが出来ないことが現状です。

自分に自信がない為に空回りしているということもあるのですが、まず、一番は企業からの求人依頼を受けても求職者の面談をしても業界や職種のことが殆ど分からず、理解していないことです。
例えば求人票であれば、その求人にはどんなスキルの人材がマッチするのか、どんなことをヒアリングしたらいいのか、求職者であれば、その方がいた会社でどんな仕事をしていたのかが、なかなか分かりません・・・。当然、今はネットなどで事前に調べることが出来るので、調べて知識を入れるのですが、ちゃんと具体的に理解していない、いわゆる付け焼刃的な知識なのでそれは相手にも分かってしまい、不安につながるだけで信頼関係が築けないのです。
これはもう自分にはこの仕事が向いていないのではないかと感じてしまいます。
同期は着実に成長していて、実績として数字もついてきています。自分と何が違うのかが、同期に話を聞いても分かりません。同期が特別なことをしているとは思えません。

スキル不足を何とかしたいという思いはありますし、人の為になる仕事と思って選んだ仕事なので今すぐ辞めたいとは思っていません。でもこのままの状態では数字の実績も上がらず、会社に居づらくなってしまいます。
何とかしないといけないと思うばかりで、何から手をつけていけばいいのか分かりません。
先輩たちを見て良い点を吸収して身につけていきたいと思い、盗めるところは盗もうと努力もしました。しかし、状況は変わりません・・・。
同じような悩みを解決した方がいらっしゃったら、どうやって解決したか教えてください。
同業以外の方でも、同じように新卒2年目くらいでスキル不足で悩んでいたら、ぜひお願いします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. space5103 2015/06/29 19:16

    自分は住宅設備機器のメーカーなので、質問者さんと業界は違いますが、やっぱり同じように悩んでいました。入社2年目なので、ちょうど同じです。
    入社してすぐはどんなことも先輩に聞けるんですけど、2年目になるとちょっとかっこわるいっていうか、そんなこと2年目になって聞くのかって思われるのが嫌で、ついつい聞きそびれてしまい、ずっと分からないままいってしまうって感じです。自分たちの場合は商品のことがよく分からないといけないし、専門知識も必要になってくるから、分からないことをそのままにしているとどんどん分からないことが増えていく(笑)増殖する感じ(笑)

    でも同期の女子は自分と違って、分からないことを取引先や先輩にどんどん聞くんですよ。何というか積極的っていうか、ちょっと図々しいくらいに。でも取引先も先輩も嫌じゃないみたいで、どんどん教えてくれるんです。それを見てて、最初は同期が女性だから?って思ったけど、そうではなくて、経験の浅い者が経験がある人に物事を尋ねるのは当たり前な訳で、素直な気持ちで分からないことを聞くのは嫌な気持ちになる人はいないんだって思ったんです。そう考えたら、何でも聞けるようになった。但し、1回聞いたことはしっかりメモにとって覚えてます。聞いても覚えなかったら怒られるよ~(笑)聞いたことを聞いたこと以上に吸収したら成長できるかなって今は思えます。

    自分も文系出身で技術的な事なんか分からないし、向いてないかもって辞めようと思ったけど、せっかく出会った会社と仕事だから、頑張ろうって考えました。だから、素直になんでも聞いたらいいと思います!

  2. samd-nico 2015/06/25 22:14

    人材紹介会社でキャリアコンサルタントをしています。6年目になります。

    あなたは企業や求職者に対して、自分を大きく見せようという気持ちがあるのではないでしょうか?どうしても人材紹介会社でキャリアコンサルタントをしていると、実際の実力以上に自分が優秀であると見せようとしてしまう人がいます。
    相手からの信頼を得たいが為にそうなってしまうのだと思いますが、何もキャリアコンサルタントだからといって、万能ではなく、すべての業界や職種に精通している訳ではありません。
    もちろん、企業の人事担当者でも自分の会社の細かな業務まですべて把握している訳でもありません。
    求職者も1社しか経験のない方の場合、同業界の他社のことがすべて分かるとは限りませんし、在籍していた会社のすべての職種の仕事内容を把握している訳ではありません。
    ですから、大切なことは肩に力を入れずに相手の話をじっくり、しっかり聞き取る姿勢を作ることです。何もキャリアコンサルタントだからって、何もかも知っている訳ではないのですから。ましてやどうみても若いあなたがそんなに何でも知っていたら驚きです。
    若いからこそ、低姿勢で相手の話を聞いて教えて頂く、教えて頂いた上で支援していく立場としてお手伝いするという気持ちで接していけば良いのです。
    企業にとっても求職者にとっても最も信頼関係を築くことが難しいのは、あまりよく分かっていないのに分かったような態度で接してこられることと、話しをしっかり聞いてもらえないことです。

    実は私もあなたと同じく入社してから、壁にぶつかり悩んだからです。
    その時、私は優秀なキャリアコンサルタントでなければならないと肩に力が入り過ぎていて、その虚勢が相手にも分かってしまい、なかなか信頼関係が築けずにいたのです。
    どうにかしてその状況を変えたいと思いながら、1年目も過ぎているのに今さら聞けないという恥ずかしさから先輩にも相談できずにいたのですが、ある時、あるきっかけがあり、相談することが出来たのです。その時に先輩から言われたことが、実は最初に書いたような内容です。
    そして最終的に『相手の話をじっくり、しっかり聞く』姿勢をとるようになってから、肩の力も抜けてすっきりし、企業からも求職者からも信頼して頂けるようになりました。

    入社して3年目くらいまではどうしても外見からも年齢が若いと分かるし、経験の浅さも隠しようがありません。ならば、開き直りではないですが、若さや経験の浅さを武器にすればよいと思ったんです。若いから知らないことはどんどん聞く。教えてくださいという姿勢で臨む。ここから徐々に数字の実績にもつながっていきました。

    まず肩の力を抜いて、「ねばならない」という気持ちを変えてみてください。そして、気にせず分からないことや相談があれば先輩を頼ってみてください。きっと先輩も嬉しいはずです。
    この悩んだ経験があなたが先輩となった時にきっと私のように役に立つはず。だから壁を乗り越えてみてください。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する