中古車販売業での海外との関わりは?43view

中古車業界でセールスマンとして営業を学んでいきたいと思っている者です。車が好きで、人と接することも好きなので、中古車のセールスマンをやりたいと考えているのですが、「海外」と関わりのある仕事もしてみたいと考えております。海外への志向は、今後将来的に必ず役に立つと考えているので、その自分の中の基準は変えずに就職しようと考えています。ただ現状としては英語自体もそこまでできる訳でもなく、少し海外に留学経験があるくらいのレベルなので、働きながら勉強していきたいと考えています。ただ中古車のセールスマンをやりながら海外との関わりを持っていけるのか疑問でなりません。日本のお客様に販売しているイメージしかないので、たまに海外のお客様が来店して英語を使う機会があるのだろうというのが、今現在の私のイメージです。そこで皆さんにご質問です。中古車の販売員をしながら海外との関わりを作っていく為にはどんな手段があるのですか?少し質問自体が抽象的ではありますが、どんな意見でも構いません。できれば中古車に関わりながら、海外と関われればベストだと考えています。是非貴重な意見お待ちしております。宜しくお願い致します。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. venuskan22 2015/05/25 5:35

    自動車と関わりがあって、海外と関わりがある仕事がしたいのなら、自動車の製造業が1番だよ。僕は大手自動車メーカーの下請けの会社で自動車の製造に関わっているのだけど、今会社は日本国内では無く、海外にどんどん工場を作っているから海外で働く意欲のある者を求めているよ。工場はどちらかというと東南アジアが多いけれど、やはり英語が使えることに越したことは無く、英語でコミュニケーションを取るから、自動車に関わりながら英語の能力を成長させることが可能だと思うよ。また僕が働いている工場にも多くの外国人が出稼ぎにきているから、英語を使う機会が多くあるよ。普段の会話から英語が飛び交っている環境は製造業の工場ならではだと思うから「販売業」では味わえないと思うよ。自分の英語のレベルに自信が無いのであれば、こういった所から始めてみるのが1番効果的だと僕は思うけそなぁ。参考になったかわからないけど、頑張ってね。

  2. llama_33 2015/05/17 1:00

    海外に固定のお客様を持っている中古車販売店であれば関わりはあるかもしれません。ただ「中古車販売」という職種では無く、「中古車輸出」という職種になると思われます。お客様に中古車を販売する仕事では無く、コンテナや船に中古車を乗せて、海外のお客様に販売をしている仕事が「中古車輸出」であり、お客様に中古車を販売するというくくりは同じではありますが、職務内容は全く違います。したがって、中古車販売業で日本のお客様に中古車を販売しながら、海外のお客様に中古車を販売するということは難しいと思います。なので、もし海外と関わりがある中古車販売の仕事がしたいのであれば、「中古車輸出業」の仕事に就くと良いでしょう。中古車輸出の場合、海外のお客様に中古車を販売することになるため、もちろん海外のお客様と接する機会が出てきます。またそういった会社は主に海外に自社のヤード(自社の車を保管しておく場所)がある為、そこの駐在員になれば、中古車に接しながら、海外のお客様と接する仕事ができると思います。当然そこには英語も必要になって、使う機会も増えると思いますし、日本のオークション会場で入札した中古車を扱うため、中古車の相場感も理解することができ、将来的には独立することも可能になるかもしれません。私が思うに中古車販売店でセールスマンとして日本のお客様を相手にセールスをするよりも、海外のお客様と接しながら、中古車を販売する方がより成長が早いと思います。中古車と関わりたいけど、海外とも関わりたいという方にはぴったりの職種だと私は思います。今後、必ず縮小していくであろう中古車販売業よりも「中古車輸出業」は必ず成長していく業種であると思います。今の日本の現状として、日本国内で車を生産する事が少なく、海外に工場を移転して作ることが多くなっており、貿易自体がボーダーレスになっていく世の中になりつつあるので、今後海外への視点は必ず必要になってくると私は思いますよ。

  3. horse_niii 2015/05/12 14:19

    中古車販売店では海外との関わりはあまり求めない方が良いと思います。そもそも海外と接する場面が無いと考えた方が良いと思います。海外輸出を専門的にやっている企業や海外にも支店があり、海外の部隊として就職すれば、海外と関わりのある仕事が可能かもしれませんが、中古車の販売員として就職したのであれば、海外との関わりはほとんど無いといっても過言ではありません。多くの方は「輸入車の販売店であれば、海外と接する機会があるのではないの?」と思われるかもしれませんが、海外の輸入車も基本的には国内のオークション会場から仕入れを行う為、普通の日本車の仕入れ方法と何ら変わらないのです。逆輸入車である左ハンドルの中古車も国内のオークション会場に出回っている為、国内のオークション会場で仕入れを行うのです。したがって基本的に使うのは日本語であり、中古車の販売員は日本のお客様と接する機会しかないのです。ただ可能性は低いのですが、中古車の販売員として海外と関わりが持てる可能性があるとすれば、海外に支店を持っている中古車販売会社に就職をすることです。そうすればある程度の実績を作り、会社で認められれば、海外の部隊に異動することも可能だと思います。ただそこには仲間や同期たちよりも頭1つ抜きんでるくらいの実績を残す必要があると思いますので、かなりの努力は必要だと思います。会社の中でトップセールスマンになるくらいの気持ちが無いと難しいと思います。しかし、今の時代、英語はできるけど営業はできないという人材が多い為、営業ができて英語ができるということはかなりのアドバンテージとなり、その両立を目指す価値は大いにあると私は思います。実は私も現在、販売員をしながら、独学で英語学習を行っており、将来的には中古車に関わることで、海外と関わりのある仕事をしたいと考えているので、あなたも是非頑張ってください。ただ毎日遅くまで仕事をして自宅で英語の学習をするのは、とても大変であると実感しているので、車に興味が無いのであれば、他の業界で海外と関わりのある仕事を選択した方が賢いかもしれませんよ。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する