中古車販売会社のセールスマンにとって役に立つ資格はありますか?148view

中古車販売店で働こうと思っているのですが、入社する前からある程度の知識を付けて入社したいと思っています。中古車業界は実力社会なので、今のうちから何か対策をして置かないといけないという気持ちが強く、早くその日に向けて活動したいと思っています。そんな私にとって、何か有益な資格はありませんか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. piscestumi 2016/01/23 23:59

    中古車販売店で営業をやるのであれば、中古車査定士の勉強をするのも有りだと思います。自動車の販売員をやる上で、車を販売する為には自動車の下取りをどのように扱うかが大切な要因になってきます。下取りのお車の値段はお客様との商談によって、かなり金額に差が出てくるので、お客様がなんとか承諾をしてくれる、自分にとって利益が最大限ある価格を導き出すことによって、自分が販売する車の金額に影響が出てくるのです。何故かというと、下取り価格に通常よりも利益がでる時に、購入予定の車の値引き額をアップさせることができるからです。

    考えてみて下さい。中古車の購入をする時に最初に交渉していた値段から、その販売員が「今日は特別です」と言って、とても多くの値引きをしてくれたら悪い気を起こす人がいるでしょうか?なんならその場で決めてしまわないといけない雰囲気になる可能性も十分あると思います。つまり中古車販売店は、そのお客様1人からどれだけの粗利を獲得できたかが全てで、下取りで捻出された粗利に販売した車の粗利をプラスすることによって、最終的な粗利が計算されます。よって例えば販売する車の粗利が極限状態に少なくても、そのお客様から頂く下取りのお車の粗利が、ある程度確保できていれば、トータルで考えた時にはプラスの結果なのです。したがって、その下取りの車が、今現在どんな状態なのか判断する能力が大切になってきます。修復歴が有るか無いかでお車の下取り価格に30万は影響してくると言われているからです。(修復歴とは車の骨格部分に修復が加えられている車のこと)もちろんその査定をしてくれる専門の担当者が会社の専属としているのであれば別ですが、そんな者がいる会社はよっぽどの大手企業でないと存在しないのが現状です。すべて営業マンの判断に任せられているか、その店の責任者に任せられているかは様々ですが、その能力に長けていることによって自動車の販売台数が伸び、利益率が上がり、自動車販売の効率が上がると思います。

    実際私の場合、その資格の取得に成功したので、自ら査定を行っており、そこでの駆け引きもお客様としながら営業を行っています。そこでの商談の楽しさも増しますし、初めはもちろん利益を多く上乗せした金額を提示するので、自分が車を販売する際にとても楽になります。ほとんど全てのお客様が最終的に値引きを迫ってきますからね。もしあなたが売れる営業マンを目指すのであれば、絶対に損する資格では無いので、早めの取得をオススメします。

  2. hyena_ypa 2016/01/20 0:44

    中古車販売員に特に必要な資格は無いですよ。車を売った者勝ちの世界の中でこの人は資格を多く持っているから給料を多く出してあげようとか、昇進させてあげようというのが一切無いのが中古車業界の実情だと思うよ。その資格を取得することによって販売台数に影響が出てくるならまた別の話ですが、そんなことはほとんど無いといってもいいでしょう。資格を取っている時間があるのであれば、どうやったらお客に車を販売できるかを考えろという会社もあるくらい。資格の取得よりもとにかく多くの販売台数を伸ばすことや、営業利益を伸ばすことの方が断然重宝される。これに関しては営業をするどの業界でも当てはまることだと思うが、それが顕著に表れているのが自動車業界だと思うよ。とにかく結果を出した人が上に昇進することが可能な業界なので、仕方がないことですよ。

  3. arabiancamel_koba 2016/01/16 16:08

    中古車を販売する上で必要な資格は特にありません。ただ中古車販売店に就職すると必ず、中古車販売だけでは無く、それに付随して自動車保険の販売も必要となってきます。自動車保険のお話をお客様にして、契約をする為には資格が必要になってきます。それが損害保険募集人試験の基礎単位と自動車保険の2つの試験です。どちらの試験の難易度もそこまで高いものではなく、パソコン上で教科書を検索しながらテストを受験することができるので、ある程度教科書を見ておけば、記載してある場所がわかるので、テストは合格すると思います。この資格があれば自動車保険の説明をして契約をすることが可能なので、中古車販売を行う上で最低限必要な資格だと言えるでしょう。

    あと上にももう少し難易度の高いものがあり、損害保険代理店の上級試験、損害保険大学課程専門コース試験の法律分野、税務分野と3つ程あります。上級分野に関しては、これもまたそこまで難易度の高いものではなく、ある程度勉強していけば合格できると思います。合格率もかなり高くなっていると思います。損害保険大学課程コース試験の法律分野と税務分野はかなりの難易度です。自動車保険には関係のない税金分野の問題や、時事的な法律分野の問題などの出題もあるので、かなりの勉強が必要だと思います。ただそれに付随する過去問のテキストが販売されているので、それをしっかりやりこむことによって合格への道が開けるでしょう。上級試験、特級試験(損害保険大学課程コース試験法律分野と税務分野の総称)に関しては実際にお客様と商談をする中での知識的な面に差が多少でてくるだけであり、それを持っているから営業成績が良いとか、自動車を購入されたお客様の自動車保険付帯率が良いということには、直接的には影響してこないと思いますので、実際に職についてから、さらに高みを目指したいという方が受けるべき資格だと思います。

    よって自動車保険の販売員をやる上で必須で必要なのは、損害保険募集人試験の基礎単位と自動車保険単位のみだと私は思います。この資格に関しては先に取得しておいた方が、中古車販売のセールスマンをやるうえではプラスだと思いますので、是非頑張ってください。

ページ上部へ移動する