塾講師から地方銀行に転職できるか?120view

はじめまして。
実は、今地方銀行への転職を考えています。
もともと、地元は九州なんですが、大学を卒業後、現在は関西の方で塾講師をしています。たまたま地元が同じ女性と知り合い、結婚して今は子供が1人います。
自分は今35歳で、これまで勤めたことがある職場は、現在勤務している塾の講師のみです。塾講師の仕事自体は好きですし、誰かに何かを教えるということに関してはやり甲斐も感じています。ですが、どうしても休みが不定休なことと、妻の実家の事情もあって地元に戻らなければならない状況にもなってきたため、妻と話し合い、子供が幼稚園に入る前の今の段階で思いきって転職して地元に戻ろうか、という話になっています。
ただ、問題は九州でも都会の方ではないので、就職先があるかどうかが不安に思っています。企業の少ない地方での就職となると、金融機関などある程度しっかりした企業が頭に浮かび、現在、地方銀行で中途採用を募集しているところがあるので、今度採用面接を受けようかと考えています。
記載のとおり、自分はこれまで塾講師の仕事しかしたことがありません。全く畑違いの銀行という職場で、ちゃんとやれるのかどうかが心配です。
まずは採用されることが先決なのは十分承知していますが、年齢も年齢ですし、家族もいるので失敗はしたくないと考えています。
銀行で働くにあたっての心構えや、知っておくべきこと、注意すべきことなど、何でもいいのでアドバイスを頂ければと思います。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. 91ninety 2016/02/01 14:02

    銀行に転職するのであれば、相当な覚悟が必要ですよ。
    僕なりに銀行員として仕事を長く続けられるかどうかのチェック項目を作ってみましたので、自分に当てはめてみてください。
      
     ①愛想笑いが得意だ、もしくは平気だ。
     ②「嫌だな」と思うこともある程度笑って過ごすことができる。
     ③ゴルフが人並みにできる。
     ④気を遣う方との飲み会は苦ではない。
     ⑤YESマンである。
     ⑥八方美人である。
     ⑦言い訳はしないほうだ。
     ⑧目上の方には忠実なほうである。
     ⑨誰かを犠牲にして自分が幸せになっても良いと思う。
     ⑩性格的に浪費家ではなく、今も目立った借金はない。
     ⑪休日の出勤や有給休暇がとれなくても仕方がないと思う。
     ⑫気分転換や気持ちの切り替えができるほうだ。
     ⑬いわゆる太鼓持ちが得意である。お世辞は嫌味なく上手に言えるほうだ。
     ⑭どちらかというと図太く、神経は太いほうだ。
     ⑮どんな方ともコミュニケーションがとれるほうだ。

    こんなところでしょうか?15個のチェック項目の中で、10個以上あてはまれば銀行員に転職しても十分長く勤められるでしょうね。
    銀行の仕事は、お客さんに対しても結構気を遣ったりして大変だけど、本当に大変なのは銀行内部の人間関係です。これを乗り切ることが銀行で長く勤める秘訣だと思います。
    銀行と言うと、どうしても難しい仕事のイメージがありますが、世間一般の常識(知識・人間性ともに)があって、小学生の算数ができれば誰だって務まります。
    携わる仕事に関しては何も心配することはないでしょう。
    ただし、銀行業務は幅広いですので、たくさんのことに耳をダンボのように大きくして情報を収集し、勉強はしていかないといけませんからね。
    そして、不動産担保や融資などは専門的な知識も少しは必要です。実務で覚えることもたくさんありますが、自分でも積極的に知識を深める努力はしていってください。
    まずは採用されないと意味はないですが、採用されたときには、先ほど書いたチェック項目を読み返してもらって、銀行という組織で働くことを再認識・覚悟した上で頑張ってくださいね。

  2. Asahi-11 2016/01/27 7:24

    地方銀行で働く銀行マンです。
    地方銀行への転職を考えているんですね。塾講師とはまた違ったやり甲斐があると思います。
    注意して頂きたいのは、銀行の組織は、特に地方銀行などの小さな金融機関になれば結構上下関係が厳しい組織だということです。塾の講師をしていたのであれば、どちらかと言えば「先生」と呼ばれる立場だったと想像しますが、銀行に入ると完全に立場は逆転します。対外的には、当然お客様が一番ですし、裕福な資産家の方や、企業の社長さん方を相手にしなければなりません。気を遣うことだらけです。また、対内部においても、支店長をはじめたくさんの上司、先輩の方がいらっしゃいます。仕事をする上では、この方たちにもしっかり気を遣っていなければ仕事がうまくいきません。中には、パートの方でも大ベテランの方などがいらっしゃいますが、こういった方には特に気を遣っておいたほうが良いでしょうね。
    仕事は、私個人の意見を言わせて頂くと、とてもやり甲斐があると思っています。
    当然、預金や融資、投資信託などの数字目標(いわゆるノルマ)はありますが、お客様からは色々とご自分の資産についての相談であったり、融資の相談であったりたくさんのお金に関するご相談を頂きます。お金に関するお悩みや相談は、本当に信頼されていなければなかなか話してもらえませんので、こういった相談を受けて、仕事がうまくいって感謝されたときは本当に良かった、とやり甲斐を感じています。
    もちろん、仕事ですから苦しいことや辛いこと、嫌なことなどもたくさんありますが、個人的には銀行という仕事は大好きですね。

ページ上部へ移動する