本社経理と事業部経理、どちらを選択すべきでしょう169view

プラントエンジニアリング企業に経理部門に勤務して10年になります。本社の経理部門に勤務しているのですが、経理財務部門の状況を見ていますとメンバーがほぼ固定されていて部門内の担当変更以外にはローテーションも少なく、自分もまだまだ同じ部署で同じ業務をすることになるのだろうと感じています。私は経理の人間としてのキャリアを積んでいきたい願望があるのですが、このまま現在の部署で経理の仕事を続けて行くことと、管理部門から事業部へ転出して事業部の経理を経験することの二種類の選択肢があるものと考えています。
現在の部署で勤務を続けることは着実にキャリアを得て行けるでしょうが、一人前の経理マンとなって、なんでも一人でこなせるようになるまでは長い時間軸が必要と感じています。自分と同じ部署の同僚や先輩社員、上司を見ていると長年異動もなく同じ部署で業務をしている人が大半です。会社の制度としてはジョブローテーション制度があり、一定期間でローテーションをしている人もいれば、私の部署のようにほとんど異動のない部署もあります。
他の事業部にまで目を広げてみると、各事業部には事業部経理部門と言うか各事業部の内務管理の部署があり、管理部門からも何名かは事業部に転出しています。
短絡的な発想ですが、事業部経理を経験した方が私自身のキャリアにはよいのか?と考えることもあります。
また事業部へ異動した人の方がいきいきと仕事をしているように見えもします。
プラントエンジニアリング企業の経理部門の経験ある方にお伺いしたいのですが、経理業務のキャリアとして事業部部門の経理に異動することと、本社部門の経理に留まる事のどちらが有利になるでしょうか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. Yomogita-g 2015/03/27 19:45

    プラントエンジニアリング会社の経理部門に通算10年超勤務していました。管理部門と言うことであれば20年超の勤務経験ありますので、私からお答えします。
    プラントエンジニアリング会社の経理部門は経理業務自体が複雑なこともあって、担当分野ごとに細分化され、それぞれの担当者がいるのが通常のパターンだと思います。
    そして担当業務ごとのローテーションはあっても、組織を越えたローテーションが少ないことは仕方のないことかも知れません。
    各々の分野のスペシャリストが相互に協力して初めて経理業務の全体が進展できる訳ですね。本業のプラント工事と同じようなものです。
    各々が専門知識を持っていますから、上司からすれば自分の部署から手放したくないと考えるのは当然かも知れません。
    部門を越えたローテーションができるケースは異動申告をするか、他部門からご指名で要求された場合に限られるのではないですか?
    私が勤務していた会社は、そうでした。
    必然的に自分の部署の全ての仕事を経験するには長期間かかります。また担当部門が細分化されていますから、裁量や権限も限られています。
    一方で各事業部の経理は、管理部門と比べると圧倒的に人員が少ないため、一人でやるべき仕事の範囲は拡大します。自分で判断しなければならない事も増えて来ますから裁量権もある程度与えられるでしょうし、それがいきいきと働いているように映ることになります。
    しかし事業部経理の主要な業務は自分が所属する事業部の予算管理ですから、自分の事業部に関しては隅々までわかるようになりますが、他の事業部の状況や会社全体の状況は把握が難しくなります。
    また事業部の内務管理全般を担当することになりますから、総務・法務や人員計画なども業務範囲に入って来ると思われます。業務の範囲が拡大しますから企業人としてのスキルは管理部門に留まることと比較して身に付くものと考えます。
    あなたが幅広くスキルを身につけたいと考えるのなら、事業部経理は申し分のない部署だと思います。
    しかしご質問を拝見した限りでは、あなたは経理の人間としてのスキルをアップさせたい、とお考えのようですから、私しは事業部部門に転出することはお勧めしません。
    また一度事業部に転出してしまうと、管理部門に復帰ことが難しくなるのが通例かと思います。
    職人の徒弟制度のようで厭でしょうが、今しばらく現在の部署に留まるか、経理部門内の他の部署か財務部門に異動申告をされた方がよいと考えます。
    経理と一口に言ってもプラントエンジニアリング会社の経理部門は複数の部門があるかと考えますので、他組織へ異動して経験を積まれるコースがよいと考えます。またあなたの部門の上司も同じ部門内であれば申告を聞き入れてくれる可能性が高いです。
    私の勤務していた会社の場合は経理部門2組織、財務部門2組織で、組織間異動は頻繁にありました。また数年他組織に異動して元の組織に戻るケースもありました。
    あなたの会社はどうですか?組織間異動は比較的容易ではないのでしょうか?
    もしあなたが短期間でキャリアアップしたい、長期間など我慢できないと言われるのであれば、それを実現することは現在の会社では難しいと思います。社外で転職先を探し、経理全般を任せてくれる仕事を探すしか方法はありません。
    私の意見としては、会社全体を把握しながら業務を行うことは管理部門でしかできませんから、現在の組織に残ったままキャリアアップの方法を考えることがよいと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する