結婚式場のドレススタイリストとはどんな仕事ですか?62view

アパレルで仕事をしておりますが、今の職場でのキャリアアップに限界を感じて他社への転職を考えています。そんななか求人にドレススタイリストという職種を見つけたのですがどんな仕事なのでしょうか?高額な商品を取り扱うことにとても興味があります。具体的な仕事内容などご存知の方がいらしたら教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. Nasu 2015/07/26 0:07

    結婚式の衣装全般の担当者をやっています。衣装コーディネーターです。
    接客以外も意外とやることが多く、この業界に入られる前に知っておくといいかなと思って、書き込みしています。参考になったら嬉しいです。
    まずは接客ですが、ウェディングドレス、カラードレス、和装、タキシード、小物合わせ、モーニング(父親)、留袖(母親)、ラストフィッティングとかなり色んなフィッティングを一人でこなさないといけません。
    ドレスのフィッティングは来店回数少なく決定することができればできるほど、スキルがあるといわれ、毎回押し売り感がでないように接客することで必死です。
    和装については、知れば知るほど奥深く詳しいお母様なんかもいらっしゃるので、負けないようになんとか知ってる言葉をつないで対応しています。極めるには時間がかかりそうです。ただ着付けをがっつりするのではないので着付けの技術は必要ないと思います。
    雰囲気をみれるようにセットしてあげる、といった感じです。もちろん紋付袴もです。
    セットといえば新婦のドレスや和装のときは簡単にヘアセットも自分たちで行い、本番のイメージしやすいようにしています。
    タキシードは基本ジャケットを羽織ってもらうところだけお手伝いします。
    さすがにお着替えのお手伝いはできませんので(汗)
    ポケットチーフとかシューズとかオプションの販促に力をいれて行います。
    小物合わせはドレスに合わせてネックレスとかアクセサリーを選びます。
    モーニングはお父様が着る当日の衣装のことです。
    ほぼサイズ合わせという感覚なのでそんなに大変ではないです。
    でもお父様の体系はオヤジ体系でおなかポッコリの方が多く、サイズ合わせで苦労することもあります。留袖はお母様の着物です。これも新婦のときと同様に雰囲気を合わせるだけでがっちり着付けはしません。
    ラストフィッティングは当日の3日前に行う納品チェックとサイズ確認のこと。
    妊婦さんなんかはここでサイズを最終調整することもあります。
    そんなこんなで接客の種類も何種類かありますが、それ以外にしていることは、商品のクオリティチェックです。うちはレンタルのショップなので何度も着ているうちに劣化したり傷ついたりしている商品がないかとか、新しく入ってきた商品の検針(針が衣装に残っていないか)などの作業が1時間で3着くらいかかるので結構一日がかりです。
    何か不具合がみつかればその場で直さないといけないので、たまたま不具合を見つけてしまったりすると、残業になってしまったりすることもあります。
    また、レンタルとはいえお客様の体にあうように調整が必要になりますので、サイズを詰めたり針やミシンを使ってドレスのお直し作業や新郎のズボンの丈直しなども、業務の中の一つです。あとは女性としては大変と感じてしまうのは搬入搬出です。
    決めていただいて、用意した商品をお客様が結婚式をする会場に搬入しないといけません。
    衣装を納品して、広げたらしわができていたり、持ってくるのを忘れた商品にきづいたりします。ドレスは重たいので大きな会場への搬入搬出は本当に大変です。
    そのたお客様から希望があった商品(お好みのリボンとか)を作成したり、接客以外の仕事もたーくさんあります。洋服が好きな方だったら楽しいと思いますよ!

  2. Rubetsu-150 2015/07/11 21:06

    ドレスは普段着ない、むしろ初めてお召しになる方がほとんどなはずです。
    好みがあってこんなドレスが着てみたいと思っても、実際着てみたら似合わなかったなんていうこともザラにあります。その方の雰囲気を見極めてイメージにあうものを提案する仕事といえるでしょう。ただドレスを決めることだけではなく、ドレスのときに小物は必須で小物合わせはセンスが問われ、スタイリストとしての腕の見せ所だと思います。
    ウェディングドレスのときはティアラが定番ですが、それしか提案できないようではだめですから、新婦様のニーズをくみ取って1つのスタイルを作る仕事です。
    ただ洋服と違って高額な商品ということで、その点に興味を持たれたということですが、うまくいったときはとても感謝されますが、その反対のときはもう立ち直れないくらい罵倒されますし、本番になにかあったときには過呼吸になりそうなくらいのスリルです。
    考えてみてください20万なり30万の衣装をレンタルするんですよ?
    高額だしても手に入らないユーズド品ということですよ?
    接客やサービススキルがないと商品の高級感を保つことができませんし、日ごろから自分自身を磨いておく必要もありますね。

  3. Kishiwada-i 2015/07/01 18:05

    その名の通りウェディングドレスをお客様と一緒に選ぶスタイリストのことだと思います。ウェディングドレスは洋服とは違って一人で着ることができませんので、フィッティングのお手伝いをするのが主になってくると思います。おそらく結婚式場のドレススタイリストでしたらタキシードや両親の衣装までやることになると思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する