手術室看護師1年目の時何が一番つらかったですか?383view

手術室2年目になりました。まだまだ新人ですが、やっと慣れてきました。1年目を振り返って大変だったなぁと思いますが、みなさんは1年目の時どんなことが一番つらかったですか?

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. 16Hernandez 2016/04/11 21:23

    みなさん1年目の頃はそうだと思うんですけど、研修がやたらおおくないですか?時間内の研修が多くて、そのための事前学習が多くて、その勉強をする時間があるならオペ室の勉強をしたいと思っていました。しかもその事前学習も、かなり病棟よりの事前学習になっていて、患者さんとの関わりでの看護観についてとかです。手術室は患者さんが来ると挨拶はしますが特に関わることもなくそのまま眠るので、看護観もなにも関わりがほとんどないので、かなり難しい事前学習になってしまいます。しかもこんな無理難題な事前学習が何回もあるので常に同期同士では愚痴を言い合っていました。そしてその他にも時間外の勉強会も1年目だからという理由でかなり強制的に出席させられました。全く違う分野の勉強会にも参加しないといけなくて、1年目が参加することではないんじゃないかなと思う内容ばっかりです。
    でも先輩たちは何かとつけて1年目というのを主張してきて、1年目だからすぐなんでも頭に入るとか、今のうちに色々吸収しておきなさいと言います。でも限度があるんですよね。ただでさえ手術室看護師の勉強量は半端ないと言われているのに、そこに足されるとパンクしますよ。

  2. panda_child_233 2016/04/09 1:44

    辛いというか1年目で怖い思いをしました。初めの頃はどの手術に入るのも前立ちと言って、前に立ってくれて間違わないように、あわてないようにサポートしてくれる先輩が1人ついてくれます。たいていは器械だしから経験して、慣れたら外回りをする感じで、その頃はまだほとんど器械だししか経験していませんでした。でも手術室も人手がなかったのか、早く一人前に育ってほしいというのもあったのか、ある日どうしても前立ちを立てられなく、私ともう1人1年目の同期の2人で外回りと担当してと言われました。二人きりで担当することになり、患者さんはベットに横たわりましたが、新人なので、何からどう始めればよいか分かりませんでした。私は「誰か助けに来て」と心の中で叫んでいました。見よう見まねで血圧計と心電図とSp02をつけました。ただ、私たちは新人すぎて、血圧計はボタンを押さないと自動で測ってくれない為、そのボタンがわからず血圧が測れないまま時が過ぎて行きました。どんどん手術の準備が回りで進んでいくので、焦る気持ちばかりだったときに、たまたま他の部屋から私たちの部屋に物を取りに来た先輩が来て、助けを求めました。そこで気づいたのですが、患者さんは胸の手術でセンチネルリンパ節の郭清をしていたため右腕での血圧測定は禁止でした。たまたまボタンを押すところが分からず図っていなかったため不幸中の幸いでしたが、その先輩が通りかかってくれなかったら大変な事になっていたかもしれません。人生の中であれほどどきどきしたことはないぐらい不安でした。何よりも辛かったのはこの時だったかなと思います。

  3. koala_love_109 2016/04/08 23:08

    私が1年目の頃一番辛かったことはとにかく手術での器械だし率が高かった事です。私の働いている手術ではなんとなく午前に器械だしの勤務の人は午後外回り、午前外回りだったら、午後に器械だしになるように手術の担当を決められているのですが、1年目だからいい経験だと1日ずっと器械だしをさせられます。大きな手術だったりすると断片的に手術につくと全体の流れが分からないので、一度全部を理解するという理由で1日器械だしをします。それは確かに経験になるので、いいと思うのですが、何回経験しても1年目だからという理由でずっと器械だしをさせられます。ペアになった外回りの先輩は1日外回りで、椅子にすわってパソコンをいじってかなり楽そうです。1日ずっと同じ場所で立っているのは結構体力的にも辛かったです。2年目になって1年目が入ってくるととたんにその習慣はなくなりましたので大分楽になりました。

  4. Shimokitayama-a 2016/04/07 18:27

    1番辛かったことはやっぱり勉強量でした。看護師になって初めて配属されたところが手術室だったんですけど、資格を取る時に勉強したことと全然違うことを勉強しないといけなくて、特に手術器械を覚えることがしんどかったです。今でこそ、器械をみてパッと違いを理解して名前が分かりますが、当時はおんなじような物でも10種類ぐらい名前が分けられていて、もう何が何だか分からなかったです。
    そこに付け加え、先生によってその器械の名前の呼び方が全然違いません?モスケリーの事をロンモスっていう人もいるし小ケリーって言われるのが何よりも苦痛でした。3-0バイクリルのこともステッチとかパープルとか3-0とか言われて、最初ディズニー?とか思いましたよ。しかも3-0バイクリルは糸と針がセットになっているものだと思うんですが、その糸が紫だからパープルと呼ぶのは分かりますが、パープルとか3-0だけ言われるとそれが糸だけなのか針もついたもののことを言っているのかは、わかりません。今になっては分かりますが1年目にそんな試すようなことをしないでと思いましたね。あと私は1年目の最初、婦人科と外科の手術からデビューしていったんですけど、デビューするために解剖の勉強をして、器械も覚えて、やっと手術に1・2回はついたと思ったらもう次は同じ外科でも違う手術のデビューで、どんどん違う手術を入れられて、頭がパンクしそうでした。復習する暇もなく次のデビューが待っていて、1年ずっとそれでした。科が変わると器械もがらりと変わって、器械がどれだけあるのかと驚いたことが印象に残っています。

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

ページ上部へ移動する