特定保健指導の具体的な仕事内容について25view

もともと看護師だったんですが、保健師に興味があって、来月から就職します。内容には特定保健指導と書かれているのですが、どのような事をするんですか?詳しく教えてください。事前に勉強しておくほうが良いことがあればそれも教えてください。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. Nisshin 2016/04/20 19:33

    看護師のみの経験ということでしょうか?病気の知識はおありだと思うのですが、生活を見直して生活を改善したり、動脈硬化が進むのを防ぐには運動か食事、禁煙かお酒の量を減らすしかありません。一言に運動や食事を改善しましょうと伝えても何をどうすればいいのか分かりませんので、かなり具体的に指導する必要があります。そこで保健師に転身した私が一番困ったことをお伝えできればと思います。看護師として決定的に欠如している知識がありました。それは栄養学についてです。お恥ずかしながらコレステロールと脂肪の違いもよく分かっていませんでした。よく糖質をよく食べると糖尿病になるといいますが、糖質ってどういうものに含まれているかご存知ですか?私はお菓子という答えしかなく、普段のごはんやパン、ジュース、コーヒーにまで細かく考えていませんでした。なので特に間食をしていない人の血糖値が上がっている原因が分かりませんでした。さらに食べ方や、早くたべたり食べ過ぎということからも血糖値が影響されるということも考えていませんでした。一概に糖分を取らないと指導するのは簡単ですが、対象者の生活習慣や食事の時間、内容などを聞いた上でどんなことを改善すべきかを5分程度で見つけないといけません。食生活を聞くだけでも10分ぐらいかかる場合もあるので、どこを中心に聞くのかを瞬時に見極めなければならないです。対象者の食生活や生活習慣での問題を5分で見つけるのはなかなか難しいことですが、慣れるしかありません。そのためにも栄養学についても事前に勉強しておくほうがいいと思います。

  2. nose 2016/04/19 23:54

    ご存知だと思いますが、人は肥満になるとそれだけ脂肪分の多いものやカロリーの多いものを摂取していることになるので、それにともなって血圧や血糖値なども上がりやすくなります。ただその数値だけが上がるだけならまだしも、肥満ということがリスクの1つ、血圧もリスクの1つと数えると、リスクの数がゼロの時を1とすればリスクが2個になれば5倍、リスクが3個以上になれば32倍動脈硬化が進み、将来脳や心臓の重篤な病気になる可能性が高まります。それを防ぐのが特定保健師の仕事です。

    この話を対象者の方に理解をしてもらって、ご自身でその危険性を感じて行動してもらわないと意味がありません。病院では看護師が「この薬飲んどいてくださいね」と言うだけで患者さんは飲んでくれますが、特定保健指導の対象者の方は普段は普通に生活している方です。今病気でもないのに、なかなか何かしようという気にはなりません。何かを言われても、まだ大丈夫、まだ大丈夫と思っているうちにいきなり倒れたりしないよう出来るだけ早い時点で気づいてもらうようお話しをしないといけない仕事です。

    まずは患者さんに話しかけるような感じでお話しされるのは控えた方がいいです。私は以前に上司から「うんうん」と口に出すのはよくないと指導を受けたことがあります。看護師がよくしてしまうんですよね。特に高齢の患者さんの話の時や、悩みや不安を聞くときに、気持ちが分かっているということを表現するために何度もうんうんと声に出すことがあったので、それが口癖になってしまい、気づかないところでも声に出ていました。あくまでも保健指導では対象者にお話しを聞いていただく場を作って頂いているので、病院とは違います。私もそこが混ざってしまっていたなと反省しましたので、事前に知っていただけたらと思います。

    あと一般的な言葉づかいなどの接遇や身だしなみも大事です。リクルートまではいきませんが、スーツで行きますし、感じとしては営業のような雰囲気です。保健指導は仕事中にさせていただくので、時間には絶対に遅れないことも必須です。就職してずっと看護師だったりすると、時間は大丈夫にしても、言葉づかいなどの一般的な接遇をあまり勉強せずに仕事をしていてなかなか大変だと思います。事前に勉強するのも一つかなと思います。

  3. Higashikagura-f 2016/04/19 9:44

    特定保健指導を大きく分けると特定保健指導は積極的支援と動機づけ支援、その他健康相談に分けられます。特定保健指導は35歳以上が対象になり、40歳未満はすべてその他の健康相談になります。40歳以上で腹囲や血糖値、血圧、脂質の検査で一定の基準値以上であった場合、喫煙の有無も考慮して積極的支援と動機づけ支援に分けられます。積極的支援に該当された方は定期的に電話や手紙などでやり取りして何か努力してもらいます。動機づけに該当された方は半年後一度連絡をし、現状確認をします。メタボの基準があるのはご存じですか?メタボの基準値と特定保健指導の該当かどうかの基準値は少し違う箇所があるので、そのへんは事前に勉強しておいた方がいいですね。

  4. Minamiashigara 2016/04/18 22:03

    特定保健指導は簡単に言うと生活習慣病などで将来病気になる確率が高い人を対象にして保健指導をして健康を意識づけるお仕事になりますね。対象者の方は普段は仕事をしている方やその家族になりますが、現在はあまり家族にまで手が回っていないのが現状です。もともと看護師さんでいらっしゃるのでその知識があればお話し出来ると思いますのでそんなに事前学習することはないと思いますよ。

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

ページ上部へ移動する