人事職に転職したばかりですが悩んでいます66view

23歳の社会人2年目女性です。よろしくお願いします。
私は今年になって第二新卒として転職し、某IT企業で人事の仕事に就いております。
なかなかうまく仕事ができていないと感じていて悩んでいます。

もともとは食品メーカーで商品企画職を希望していましたが、配属は営業職となってしまい、なかなか自分の性格的に合わず、成績も上がらない状態でした。
そこで、やはり事務系の職種が自分には向いていると考えていたこともあるので、第二新卒で求人が出ていた現職の人事職に転職をいたしました。

しかし、自分もあまり良くなかったのですが、全く人事という仕事の内容も知らない中で就業したこともあり、また、IT業界という今まで接点も無かった業界ということもあって、先輩たちについていくのも難しく、人事という仕事も自分には向いていないのではないかと考えるようになりました。

あれもこれも向いていないというと、何ができるんだ?となってしまいますので、人事をやっていらっしゃる方に伺いたいのですが、ほぼ新卒の状態で人事の職場になじんでいく為に、どういった部分を意識したり、取り組んでいくのが良いでしょうか?

自分でもしっかり頑張らなくてはと思っているのですが、何を頑張るかがわからず、営業の時と同じように悩んでしまっています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. iceskating_team 2015/07/21 2:47

    人事の仕事という観点でアドバイスしたいと思います。

    新人で任される仕事は採用業務や給与や社保事務などコツコツした事務業務かが多いです。
    営業マインドがあって、コミュニケーションスキルにたけている人は採用から入ることが多く、性格にコツコツ数字も扱える人は給与や社会保険事務などに配属されることが多いです。
    任されている仕事がわからなかったので、それぞれについて書きたいと思います。

    【採用業務】
    採用は外部に対して、自社の良さをPRしたり、外部の人材が当社にマッチするかどうかを判断していかなければいけないので、商売のことや各部署で何をやっているかなど、何より会社のことについてしっかりと理解することが必要です。
    まずは、会社のビジネスについて、ITでもどういった領域で収益を得ているか?といった部分を先輩たちから学びましょう。
    その収益を得るために、会社がどういう組織を持っていて、それぞれがどういう役割を果たしているかを知りましょう。
    そうすると、採用しようと考えている職種がどういう役割を期待されているか理解できるようになりますよね。
    採用は本を読んで勉強するというより、会社の人達から話を聞いて理解していく方が多いので、会社の中で色々と聞ける人たちを作っていくことも大切です。

    【給与業務・社保事務業務】
    給与や社会保険の業務は、税金や社会保険など仕組みとして決まっている部分と、通勤手当など会社として方法を決めて対応している部分と両方あります。
    また、それぞれ実務的に答えが出てくる仕事なので、コツコツ知識をためていくことも重要ですね。
    まずは、給与や社会保険に関する一般的な知識を付けるために、本など購入して勉強しましょう。そして、担当としていくことになる実務が、給与や社会保険の業務のどの部分にあたるかを理解できるようにしましょう。
    実務で行う場合はどうしても細かい業務になってしまうのですが、給与の支給や社会保険の手続きなどに最終的に集約されてくるので、全体の流れと作業している部分がどこなのかを理解することがとても重要です。
    しかし、全体感のイメージが持ててしまえば、全てそこに関連する実業務なので、あとは業務の実際の処理や書類の書き方などをやりながら覚えていくだけで十分スキルアップしていくことができます。

    いずれの仕事においても、担当する業務は最初は細かい部分なので全体が見えなくなります。そうなると、作業になってしまうので、人事としての仕事の魅力がなかなか見えてこないと思います。
    採用にしても給与にしても、全体としての目的があって、細かい実業務ができているわけなので、全体感をイメージできる部分を自分で調べておけるようになると凄く理解が深まって、仕事の意味もよくわかるようになります。

    あとは、先輩に聞いてしまうのも良い方法だと思います。
    先輩も何だかんだ順番に勉強してきているはずなので、質問することは悪くないと思います。
    下が付く経験が少ない先輩だと、何を教えたらよいかわからないことも多いですので、こちらから困っていることやわからない部分など質問してあげると、先輩も何を教えたらよいかはっきりするので喜ぶかもしれませんよ?(笑)
    焦っても仕方がありません。
    一つ一つ順番に覚えていけばきっと人事の仕事も面白くなってくると思いますので、頑張ってください!

  2. kan-suke 2015/06/29 9:00

    小さい企業ですが経営している40代です。私からは一つだけ。
    大事なのは一つ一つの仕事や作業に対して一喜一憂して向いてる向いてないを判断することではありません。営業という仕事、人事という仕事、それぞれが、どういった内容で会社やそこで働く社員や、社外のお客様やそれ以外の方たちに対して、どういった形で役に立っていて、必要とされているかを考えてみることです。

    今、あなたがやられているIT企業の人事という職場は、誰に対してどういう役割で必要とされたり感謝されたりしていますか??それが見えてくると、先輩から言われたちょっとした仕事でも、それがとても必要とされていることだと気が付きますし、そこに気が付いたら、どんな仕事でも一生懸命やれば、会社にも同じ部署の人にもありがとうと言われます。
    向いている仕事でも、向いていないと感じる仕事でも、一生懸命取り組むかどうかは、結局は自分次第ですから。

  3. Minamitsuru 2015/06/25 11:45

    IT企業で人事をしています。
    まず大事な部分ですが、(特に新卒に近い年代では)人事の仕事について、事前に凄い勉強して学んでいて、理解していて、入ってすぐに人事的な専門家として活躍できるような人はいないです(笑)
    大学で勉強するような人事管理論とかが、仕事の現場の実務に直結することはないですね。
    また、社労士の様に資格の勉強をしていたとしても、知識は付いても実務は経験してないわけですから、結局はいちから“やりながら”覚えていくしかないわけです。
    その中で、やってみた作業や仕事が、「苦手だな」「自分には合ってなさそうだな」と思う内容にぶつかることは、良くあることなので気にしないで大丈夫です。そのかわり、「これ得意だな」「この仕事は向いてるな」という内容に出会うことも沢山出てきます。
    だからまずは、一つ一つを考えずに、先輩が言ってくる仕事をとにかく我武者羅にやってみると良いと思います。
    たまたま、ちょっと苦手な仕事にぶつかったりしているかもしれませんが、きっと、あなたにも「好きだ!」と思える仕事が人事の中にもあると思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する