飲食チェーンの労務管理職の求人を検討しています5view

私は35歳で製造業の会社で人事の仕事をしています。
社員は1000人程度おりますのでそこそこの規模の会社です。
10年近く勤務しておりますので、同社では採用から給与労務、人事制度企画や研修企画など、ほぼ全ての人事業務に従事してきました。
しかし、業績もここ数年厳しく、賞与が出なくなったり昇給も難しくなったりする中で、年齢的にも転職ができる最後の機会かとも感じましたので、転職活動を始めました。

大手人材紹介会社からいくつか紹介いただき応募および選考過程に進んだところもございますが、最終的に内定を1社からいただきました。
飲食業界大手の給与労務などのマネージャーポジションです。
役職者としてオファーいただけることもあり、給与額も前職より大幅にアップいたします。
会社の規模も非常に大きいので魅力を感じています。

しかし、気になるのは、飲食業界ということもあり、アルバイト等含めて結構労務的に色々と大変なのか?、部署的にあまり人が安定していないという部分です。
確かに当該求人ももう一年くらい出ていたようで、なかなか決まらなかったという事でした。

業界を知らない部分もあるので余計な心配なのかもしれませんが、何か参考になる情報などございましたら、お聞かせいただければと思い、投稿させていただいた次第です。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. 23Shizuoka-w 2016/03/01 21:44

    4年前に飲食関連も扱っている企業の人事に転職しました。
    2年前に内部昇格で管理職なって現在に至ります。
    当社は飲食店舗以外にも加工品の通販なども行っているので、100%飲食だけではないのですが、それでも複数店舗の展開と、それに伴う人員管理などを行っていますので、何か参考になるかと思います。

    飲食店舗の人事はやはり特徴的な部分があると思います。
    店舗を運営する多くの人員がアルバイト職ということもあり、採用は通年でほぼ動かしておりますし、現場の教育研修という部分でも店舗側と協力をしてかなりの頻度で行われています。
    かたや給与や労務管理、社保事務などに関しても、現場が動けば業務は発生するので、アルバイトなどの動きが激しいと対応する業務量が多くなります。

    マネジメントになっての役割で大きいのは、やはり現場の動きは本当に日々変わっていきます(業態が変わることもあります)ので、最新の状況をキャッチアップしながら、それに合う制度やシステムになるように変化していくことを求められます。
    人事など事務方の仕事をしていると、実務的には変化はあまり好ましくないのですが、ビジネススピードの速さで、否応なく変化が求められるんですね。
    ですので、そういった仕事に面白さを感じて、現場の責任者とも真剣に議論できるようなタイプであれば、とても遣り甲斐のある仕事ではないかと思います。
    ただ、ある程度の規模の会社で、安定して変化も少なく働けていたようであれば、ギャップは感じるかもしれません。
    飲食業界にいると、他の飲食業界に転職する人も多いので、その環境が好きであるということが一番マッチする要因なんだと思います。

    その部分をしっかりと考えられて意思決定された方が良いのかなと思います。
    不安に感じる部分があるのであれば、もう少し他の業界も見られることをお勧めします。

  2. Tadotsu 2016/02/26 16:11

    飲食業界で勤務したことは無いですが、色々な雇用形態があったり、労働時間もパターンが多かったりすると思うので、結構大変ではないかという印象がありますね。
    アルバイトの活用が営業上のポイントでもあるでしょうから、勤務体系を単純化するのは難しいでしょうし、各地目の届かない場所で事業が行われているでしょうから、色々と問題も発生し易い環境なのかなと想像してしまいます。
    勤怠や人事管理の部分はIT化していけば運用工数はだいぶ下げれるでしょうが、導入も大変そうですよね(^^;

    私のように経験のない人からすると大変そうだなぁというイメージが先行するので、選択肢としてなかなか飲食業界が出てこないというのも、求人が出続けていた理由なのかもしれませんね。

    ご質問されている方が、飲食業界で人事をやりたいかどうか?というのが一番大事なのではないでしょうか??
    給与が良いから製造業ではなく飲食業界にします、だと、対応していくのに苦労するのではないかなと思いました。

  3. Awa 2016/02/25 11:03

    IT系の会社で2年くらい前から人事をやっています。
    その前に飲食チェーンで人事の仕事をしていましたので、その時のことを書かせていただきます。
    正直申し上げると、仕事的にはかなりボリュームがありました。
    とにかく全国に店舗がってアルバイトを含めるとものすごい数の従業員がいます。
    勤怠管理もアナログなタイムカードでしたので、データとして上がってくるものの、実際のタイムカードを回収してチェックや保管をするなど、毎月毎月のルーティン作業がとても多かったです。
    また、アルバイトがすぐ来なくなったりなどの課題も多く、そのたびに現場の動きに合わせて人事もドタバタするのが通例でした。

    しかし、人事の人員数も結構いたので、大変ながらも協力しながら乗り越えるなど、職場の雰囲気はとてもよかったです。
    私の上司だったかたがマネージャーだったのですが、その方は結構大変そうではありました。
    実務を担当されるというよりは会社の制度を作ったり、勤怠管理の仕組みを構築したり、そういった新しく変えたり作ったりする仕事がメインでしたので、全国の店舗責任者に都度説明したり飛び回っていらっしゃいました。
    でも、本人は良い会社にするために取り組むのはやりがいあると仰っていたので、自分のやりたいことと合っていれば充実するのではないかと思いました。

    私はもう少し落ち着いた職場でコツコツ働きたかったので現職に転職しましたが、現場とのコミュニケーション多く一緒になって会社を作っていく感じは飲食業界の方があったかもしれません。

  4. w-x 2016/02/21 10:58

    人材紹介会社で働いています。
    飲食業界の求人も多数扱っていますが、人事系の求人は、絶対数もあるとは思いますが、そこまで多く出てくることはありません。
    急激に成長されて店舗拡大をされる会社も多いので、採用に力を入れる反面、社内の体制強化が次になる場合もあると思います。
    給与や労務にのポジションに関しては、ある程度規模が拡大する中で、バックヤードをしっかり構築していくうえで重要な役割だと考えますので、慎重に選考されているのではないでしょうか?給与を単純に回していくのであれば、マネジメントポジションがいなくても対応できる部分はありますので、止められない実務はしっかりと回しながら、マネジメントができる良い人材をずっと探していたのかもしれません。
    逆に、誰でもいいから採用しないと!という状況だと、急な退職補充など不安定な切欠の可能性もありますので、長く求人が出ていたのは決してネガティブなものではないのでは?と私は感じます。
    自身の経験ベースでの感想ですので実際はわかりませんが、何か参考になればと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職最大手の「リクルート」!求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 年収アップに自信あり!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. 転職業界大手の「マイナビ」スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  4. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  5. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

ページ上部へ移動する