看護助手の夜勤について1446view

看護助手も夜勤はありますか?夜勤の仕事内容や状況、大変な事をや気を付けておくことがあれば教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. Aira-e 2015/06/24 18:34

    総合病院の病棟や介護施設に勤める看護助手は、夜勤がある所が増えています。
    夜勤は看護師さんとペアで業務を進めます。数時間おきに看護師さんと交代で病室の見回りをしたり、カルテの整理をしたり、看護師さんに指示された仕事をします。見回りをして眠れない患者さんや具合の悪い患者さんがいたら、看護師さんに伝えて指示を仰ぎます。
    夜勤というととても大変そうですが、患者さんは眠っているので日勤ほどは忙しくありません。看護師さんと交代で数時間の仮眠も取れるようになっています。「慣れれば日勤よりも夜勤の方が楽」という人も多いです。

    いきなり夜勤というと不安ですが、夜勤は必須ではありません。契約内容にもよりますが、持病がある方や小さい子供がいる方などは、事情を話せば免除してもらえることがほとんどです。病院や介護施設によっては夜勤専門の看護助手を募集している所もあるので、遠慮なく「夜勤はできない」と言って大丈夫です。また転職してすぐに夜勤に入るわけではなく、基本的には日勤から慣れていくようになっているので心配は要りません。日勤・準夜勤とこなしていって問題がなければ夜勤に入るようになります。
    また、事情があって夜勤が出来なかった人も、出来るようになって申し出れば快く対応してくれるので不安に思わなくて大丈夫です。

    夜勤には夜勤手当が付きます。金額は病院や施設によって違いますが、相場は1回5000円から8000円位です。もちろん看護師さんよりは低いですが、週に1回でも夜勤に入ると日勤のみの月給よりもかなり高くなります。仮眠も取れて日勤よりも楽な仕事内容で手当が付くのですから、慣れればとても良いと思えるようになります。ただ慣れるまでは夜勤前に眠っておけなかったり、夜勤中の仮眠も取れなかったりするので、肉体的には少ししんどいです。しかし、夜勤明けは朝帰れて帰宅後に1日フリーになるので、十分な睡眠時間を確保することができます。体力に自信がある人には、仕事的にも収入的にも夜勤はお勧めですよ。

  2. Hitachita 2015/06/18 20:25

    看護助手を長くしているものです。
    夜勤は勤務時間が長いので、私くらいの年齢(まもなく50代)になってくると休んでも疲れが取れなくて体がつらいですね・・・。
    また、夜勤手当も看護師と比べると低く抑えられている事が多いので、回数をこなさないと給料アップにはつながらないという待遇の悪さも悩みどころです。
    看護助手の仕事は勤務時間が不規則になるので、家庭を持っている場合は家族の協力と理解がなければ仕事を続けていく事は難しいと思います。

  3. Shibayama 2015/06/12 6:44

    看護助手も勤務先によっては夜勤がありますよ。
    夜勤業務に初めて入るときは、まず見習いとして先輩職員について業務を覚えていきます。
    日中の申し送りを聞き、患者さんや利用者さんの様子を把握し
    注意すべき点などを理解した上で業務に入ります。
    職員の数は看護師も含めて3~4人と少なくなる中で、食事の介助や排泄介助、
    就寝のために部屋に誘導するなど多くの業務があります。
    高齢者中心の施設や病院ですと時間毎にオムツの交換をしたり、体位交換をしたり、
    ナースコールの対応なども多いです。
    勤務時間は長く、2交代制だと15~16時間くらいの勤務になりますが、
    合間に交代で仮眠や休憩を取りながら勤務します。
    患者さんが安静な状態であれば業務も順調に進みますが、
    緊急で具合が悪くなる人が出たり眠れない方からのナースコールが頻回だったりする事もあり、
    それらの対応で看護師の手が取られますので、看護助手の負担が増えることが時としてあります。

    夜勤で大変なことは、職員の数が日中より極端に少なくなるので、コミュニケーションをとってしっかりとした協力体制をとることがとても大切だということです。
    それができていないと、業務が進まないばかりか、イレギュラーな事が起きた時に
    適切な対応ができず、患者さんにも迷惑がかかる事態になりかねないからです。
    もし夜勤メンバーに気の合わない人がいたとしても、
    しっかりと協力して業務を行うことが必要です(当たり前のことですが・・・)

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する