内定をもらった企業が客先常駐型です。おおよその待機期間と給料について教えてください359view

Webのコンサルティング会社で社内システムやお客様企業のWebサイトのインフラ担当として3年働いてきましたが、残業代が22時以降でないともらえないことが不満で1か月半転職活動をしました。

2社から内定をもらいましたが、1社は大手シンクタンクの関連のシステム会社で提示いただいた給料に不満はないのですが、通勤に片道2時間もかかるため毎日通勤時間に往復4時間もかけたくありません。今住んでいる場所が、複数路線が乗り入れていて駅からも徒歩5分の場所に住んでいるため、引っ越しするのももったいないのであまり乗り気ではありません。

もう1社は客先常駐型の独立系SIerです。もう1つのシンクタンクの関連会社と似たような金額を提示されましたので条件面に不満はありません。常駐型といっても客先企業がほとんど都心に集中していて、今の自宅から1時間以内で通えるところばかりなので通勤に問題もないので、どちらかといえば客先常駐型の企業に気持ちが傾いています。

しかし、常駐型の企業であるため、自宅待機となった場合は給料が6割しか出ないとのことです。採用担当の方の話では、「案件がたくさんあり派遣できるエンジニアが不足しているから、今回僕も含めて8人ほど採用したので、自宅待機になることはないから心配しなくてよい」とのことでした。

このことがひっかかって入社の意思を内定先企業に返事ができません。
あと5日以内に返事をしなければならないのですが、客先常駐型の企業で働いた経験がある方がおりましたら、待機になった時の期間と待機中の給料について教えていただければと思います。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. 81Watson 2015/04/12 20:44

    給料が100%でない可能性があるのならもう1社の方にいったらどうですか?
    比較的お若い方なんですかね?結婚して子どもがいる方って郊外にマンション買ってて、通勤時間片道2時間なんてざらなんで、独身なのかなあって思っちゃいました。

    大手シンクタンクの関連会社なら、シンクタンクのSI部門の仕事を請け負っているってことですよね?シンクタンクのSI部門は大規模なシステムがほとんどなので安定してそうですけど…。私だったら迷わずそっちに行くなあ。

    常駐型企業の規模がわからないけど、中途採用で一気に8人も採用するところって社員の入れ替わりが激しいから人をたくさん採用してそうな気がするんだけど…。

    先々、結婚して家庭を持つことを考えたら待機期間中は6割しか給料が出ない危なっかしい会社に行くよりかは、大手の関連会社に入社した方が長い目でみたら色んな意味で安全な気がします。

  2. Soo 2015/04/01 0:05

    質問者さんが内定をもらったところのように客先常駐の企業は、待機期間中は給料6割になるところが多いですよね。私もそこが嫌なので客先常駐は転職活動の際に選択肢から外しています。

    知り合いで客先常駐の企業に勤めている人いますけど、彼の会社ではエンジニアが待機になると、会社にエンジニアの作業費が入ってこないので、営業の方でもなるべく待機期間を短くするようにしているそうですよ。別の現場に移るタイミングはだいたいその現場でエンジニアの空きが出ている時をねらって移動しているとのことです。何でも待機が発生しても1週間でどんなに長くても1か月程度だと言ってました。まあ、彼の会社の取引先はキャリアや金融などの大手企業が多いので、客先常駐と言っても安定しますけどね。

    心配だったら内定をもらった企業に一度質問してみたらどうですか?
    その内容次第で、入社するかどうかを決めたらいいと思います。客先常駐型といっても待機期間の長さや待機期間中の仕事内容は企業によっていろいろなので、ここで質問するよりも企業に直接聞くのが一番だと思いますよ。

  3. Matsudo-h 2015/03/29 1:41

    僕は現在常駐型企業にいますが、質問者さんの会社と違って待機になっても給料は100%でますし、自社に戻っても社内システムの保守や客先企業のサーバ導入・設置作業などの仕事があるので困ることがありません。次の案件にアサインされるまでの期間は人によってまちまちですが、だいたい2週間から半年といったところでしょうか。

    待機になった時に6割しか給料が出ないということは、待機期間中は会社で放置されそうでちょっと心配ですね。相談文を見てると今の会社の不満が22時以降まで残業代が出ないという給料に関することなので、待機期間中に給料が減らされる会社には行かない方がいいような気がします。入社後にもし待機になって給料が減ったら、また同じ不満で辞めそうです。現職の給料が不満で転職しているのであればそれを貫き通して、今の時点で内定をもらっている2社に絞り込まないで、納得のいくまで転職活動をつづけた方がよいと思います。待機期間中も100%給料が出る常駐型企業はたくさんあります。

    在職中の転職活動は時間のやりくりが大変だと思いますが、頑張ってください。

  4. United_yamamoto 2015/03/26 18:40

    質問者さんが心配しているように今は景気が良いので案件があるかもしれませんが、絶対に待機期間が発生しないとは言い切れないですね。私はリーマンショックの2年前に客先常駐型企業に入社したのですが、リーマンショック後に景気が悪くなると、客先の業務縮小で契約終了となり自社で待機となりました。待機になって自社に戻っても仕事がないので自宅で資格試験の勉強をしていた記憶があります。だいたい待機期間は3か月ぐらいだったと思います。現在、その会社を退職していますが、当時は確か待機期間中は相談者の会社と同じで給料は6割でした。幸い私は実家暮らしでしたから生活の心配はなかったのですが、親から「会社をクビになったのか」と別の意味で心配されました…。

    質問者さんの内定をもらった企業で将来景気が悪くなっても継続して仕事がもらえるかどうかはわかりませんが、1人暮らしや家庭を持っていて待機期間中に給料が6割になったら困るというのであれば、もう1社の方に行った方が無難なのではないでしょうか?通勤時間とアクセスの良い街に住みたいのであれば別の場所に引っ越せば解決する話だと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する