転職エージェントのメリット・デメリットを教えてください9view

中小の独立系SIerに3年、外資系ベンダーに5年間、Linux、SolarisなどUnix系OS のサーバの運用・保守に携わってきました。現職では24時間365日のシフト勤務であり、夜勤をこなすのに疲れてきたので夜勤のない職場に転職したいと思って、最近、複数の転職サイトに登録しました。

1回目の転職活動では、転職サイトに登録しても転職エージェントからオファーが来ることはなかったのですが、今回は、複数転職エージェントから登録の案内がきております。
これらの企業は聞いたこともない転職エージェントだったので、ネットで会社名を調べてみたら、IT系企業専門の転職エージェントでした。

現職が忙しいので、今回の転職活動ではエージェントを使うことも検討していますが、正直言って、無料で色んなサービスが受けられる点に何か裏があるのではと心配しております。

転職エージェントを利用して転職活動に成功した方がおりましたら、転職エージェントを使って良かった点と悪かった点を教えてくださるようお願いします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. Ichihara-u 2015/10/01 0:37

    僕の場合は32歳で転職回数が4回と多めだったので、あまり転職エージェントは役に立ちませんでした。エージェント経由の求人だと、求人の希望要件に「転職回数2回まで」とかいった転職回数に制限を設けている求人も多かったので…。

    エージェントに登録するだけして、エージェントから紹介された求人を参考にして、似たような求人を転職サイトから探して、自分で応募しました。

    相談者の年齢は書かれていませんが、だいたい30歳前後の人なんですかねえ?
    30歳ぐらいで2回目の転職はIT業界では普通なので、僕のように転職の回数制限に引っかかることもないと思いますよ。

    エージェントを通して転職した知人の話を聞く限りだと、個人で応募するよりも希望の年収を遠慮なく言えるのがよかったと言っておりました。僕も経験ありますけど、転職するときって最終面接で希望年収を聞かれますが、たいてい「前職と同じ給与水準でお願いします」とか「御社の規定に従います」って答えてしまって、企業側に有利な年収を提示されることが多くないですか?その辺のなかなか言いづらいこともエージェントが間に入って対応してくれるようですよ。

    エージェントを利用できるのであれば利用してみてはどうですか?
    転職回数が多くて転職市場ではあまり評価されない僕からしたら、相談者は転職エージェント側からスカウトが来るのでうらやましい限りです。

  2. Soo 2015/09/21 1:46

    3年ほど前に独立系SIerから生命保険会社の社内SEへとエージェント経由で転職したものです。私は転職サイトとIT系企業に特化した転職エージェントの両方を使いました。
    転職サイトだと大量にある求人の中から、自分で検索条件を設定して見つけなければならないのですが、エージェントだと職務経歴書を提出すれば、エージェント側が自分のこれまでの職歴に近い求人をチョイスしてくれるのでその点はラクでした。私は上がり症で面接では緊張してしまうので、面接の練習もしてもらえた点もよかったですね。

    強いてデメリットを上げるのであれば、自分のあまり希望しない企業も進められた点でしょうか。まあ断れば問題なかったですけどね。

    エージェントは使って損はないので、うまく活用して転職を成功させてくださいね!

  3. ninetyseven 2015/09/15 11:46

    転職エージェントからオファーが来るってことは、相談者は優秀な方なんですね。
    エージェントで無料サービスを受けられる理由は、エージェントが紹介した人が企業で内定をもらった場合に、企業側がエージェントに求職者の年収の30~35%の金額を成功報酬として支払う仕組みになっているからです。以下に例を挙げますので参考にしてみてください。

    (例)
    ・Aさんが年収600万円で、転職エージェントB社の紹介でC社に入社
    ・C社はB社にAさんの年収600 ×0.3=180万の成功報酬を支払う

    なので、安心してエージェントの色んなサービスを活用してみて下さい。
    転職エージェントを利用するメリット・デメリットについてですが、箇条書きでまとめますので、今後の転職活動の参考にしてみてください。


    (メリット)
    ・転職サイトに掲載されていない企業を紹介してもらえる。
    ・IT系企業専門の転職エージェントなら、エージェントの社員が元ITエンジニアやセールスエンジニアだったりするので、業界の事情に精通していて話がスムーズ。
    ・個人で転職活動をすると面接の日程調整が大変だが、面倒な日程調整もエージェント経由で行ってもらえる。特にIT系のエージェントなら、夜遅い時間でも柔軟に対応してもらえる。
    ・普通に転職活動をすると給与交渉は企業の言い値になりがちだが、エージェントを経由するため希望の金額で交渉してもらえる。

    (デメリット)
    ・成功報酬として企業が内定者の年収の3割をエージェントに支払うため、転職サイトで応募するよりも企業の求める条件が厳しい。
    ・エージェント側も内定者を出したいので、中には相談者が希望している求人とかけ離れているものを進めてくるケースもある。
    ・相談者は運用経験者だけど、エージェントの担当者が必ずしも運用経験がある人になるとは限らない。開発経験しかない人だと若干話が通じない部分もある。

    私が思いつくメリット・デメリットはこんな感じですが、転職エージェントに登録するのはタダなので、一度相談してみてから、エージェントを使う使わないは判断されてもいいかと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する