マンション管理会社の営業ですが、ノルマがきつい1311view

中堅クラスのマンション管理会社の営業やってます。20代後半です。
とにかくノルマが厳しいんです。ちなみに分譲マンションの管理会社です。
担当地域のマンションについて、どこの管理会社か、管理組合の理事長は誰か、設備関係にどんな業者が入っているかといったことまで自分で調べてデータを作っていくのが、まず大変で…。これも1ヵ月の目標があるノルマですが、ほとんど飛び込み営業のようなもんです。転職組なのですが、こんな基礎的なデータなんて会社がすでに持っているものだろうなんて思ってました。
で、そのデータをもとに攻めて行って、ライバルの管理会社からうちに変更してもらおうという訳ですが、提案までなかなか行き着きません。
大手の会社で、インターネットで様々提案しているところもあると聞きます。効率的に提案出来て、あとは契約に営業が伺うなんてことも可能でしょうね。今時うちの会社のようなやり方古いと思うのですが。他はどうなのでしょう?
いろいろなご意見、お待ちしております。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. sleptky 2016/01/21 21:15

    賃貸マンション管理会社の営業やってます。ノルマのプレッシャーは同じですね。不動産業界の営業ってどこも同じようなものです。数字、数字・・・で。

    情報をどうやって取ってますか?賃貸と分譲の場合では違うのですが、僕らの場合は、空室対策、入居率向上といったオーナーさん向けの提案が大事なので、地元の不動産会社をコツコツ回ります。不動産会社の人と仲良くなって客付けをお願いしたりするんですが、飲み会に誘って、情報交換することなどしばしば。こっちのストレスの方が大きいですよ、あんまり飲めないんで。しかも大半自腹ですしね。
    20代のうちは頑張って我慢して、30代で転職といった手もあるかなと思ってます。大手マンション管理会社では、管理人募集を常にやっていて(離職率も高いので)、管理の質を上げることが課題と聞いてます。2015年は都心エリアのマンション価格が上昇して新規マンションの買い時といったブームでしたよね。これ、しばらく続くと思います。フロントも数が不足しているらしく、もし可能ならフロントへの異動とかも考慮に入れておいたらどうでしょう。管理組合の理事長さんを知っているなど人脈を作っておけば、楽でしょうし、少なくともノルマからは解放されます。

  2. Nakatsu-w 2016/01/17 19:23

    比較的小規模の管理会社の営業です。データ集めって大変ですよね。こちらも同じです。毎日、エリアのマンションを調べていくんですが、エントランス付近でうろうろしていたら不審者と間違えられたりして・・・(汗)
    私が一番不満なのは、チームワークがないことです。会社の規模が小さいせいか、一人で全部任されているようなもんできついと感じることも。以前、訪問販売系の営業をやったことがありますが、アポインターとクローザーが分かれている分業制の営業もいいなと思い返すこともあります。あ、やっぱりその分ノルマがはるかにきつかったので、まあ、今の状態も仕方ないと我慢していますけどね。
    管理業務主任資格は持ってますよね。他にも宅建とか持ってます?管理組合の方などと親しくなると、分譲マンションを売りたいとか、転勤になったので賃貸に出したいとかの話が出ることもあるといいます。こんなとき、宅建の資格がないと当然お話出来ません。ですから資格関係はこれからいろいろ模索して取っておいた方がいいです。
    マンション管理士の資格を取って独立した先輩を知ってます。もともといろんな人脈を持っていたうえにインターネットにも詳しく、会社員時代より収入が増えたとか。そんな話を聞くと、ノルマは我慢して、今はいろいろ経験しておいた方がいいのかなと思ったりしますけど。

  3. Dazaifu 2016/01/14 9:51

    マンション管理会社の営業の責任者の立場にあります。
    確認ですけど、「フロント」営業のことではないですよね。ご承知のように、フロントは管理組合運営の補助や入居者のサポートをするための仕事で、相談されている管理会社の営業とは違うと思うので。

    まず、マンションオーナーや管理組合といった基礎的データの収集法についてですが、どこも似たり寄ったりと思いますよ。名簿業者から買うといった会社もあるようですが、うちは基本的にはやらない。それより、担当の者にコツコツ調べさせて作り上げていく。そうするうちに、ひょんなことからそのマンションの理事長さんと知り合ったり、仲良くなったりするもんです。
    ただ、提案までなかなか行き着けないというのが良く分かりません。データを収集したら、こう攻めようとか、この点をアピールしようとか、社内やチームで打ち合わせなどありませんか?情報を共有してこそ活きると思います。

    インターネットでやっている会社もあるようですが、基本は人と人とのつながりなんで、まず担当地域の情報に敏感になって会いに行くというのが大切ですね。上記のひょんなことから、というのも、担当者がお祭り好きで、祭りに顔を出しているうちに理事長さんと仲良くなって、管理会社の愚痴を聞くことから始まったということでした。
    ま、ノルマはどの業界にもあるので、営業やる限り逃れられません。

ページ上部へ移動する