税理士法人の勤務で辛いことは?繁忙期(確定申告等)の帰宅は何時くらい?248view

税理士法人への転職を考えているのですが、ネットで検索してみたりするとかなりキツいとの声が多いですが、どのようなところが辛いのでしょうか?やはり税務の仕事で1年一番のイベントといえば確定申告かと思いますが、その時期ですか?繁忙期は何時くらいの帰宅ですか?
忍耐力はメチャクチャあるとは思わないのですが・・・転職はやめた方がいいですか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. community 2015/06/19 17:49

    お察しの通り、確定申告の時期が一番キツイです。まずプライベートの時間が無くなることが辛いですね!
    とにかく時間が大事になってくる時期ですので、無駄な動きが許されません。1日の仕事のスケジュールをしっかりたてて無駄無くこなす必要があります。
    1人あたりの業務の数が多くなってくるので、なんとなくで業務をこなしていくと後々仕事が詰まっていきます。今日はこれを何時間で終わらしてここまでは絶対にやる、っていう感じで消化していかないと無計画さを露呈してしまいます。
    繁忙期は自分自身が工場の製造の機械みたいになってしまいます。
    決められた期日までに仕事をクリアするプレッシャーが一番精神的にキツイですね。

  2. Sodegaura 2015/06/15 21:18

    これは私の会社の体験談です。すべての会社に当てはまるとは言えないですが、大体どこでもこんなものだと思います。

    まず、確定申告の提出期限が3月半ばになるので、毎年12月くらいから顧問先に資料集めの要望をしたり、準備をし始めます。そして、年明けに資料の回収を徐々にし始めます。出来れば1月末には揃えておきたいところですが、顧問先も忙しいのでなかなか資料がもらえません。そしてだんだんと作業が期限間近にずれていき、会計事務所名物の早朝から深夜までの勤務のスタートです。
    毎晩深夜0時まで事務所で会計ソフトを使い、申告書の作成です。足りない資料があれば顧問先に請求し、届くまでは作業が滞ります。作業が順調に進んでも、コイツ手が空きそうだなって思われたら作業が遅れている社員の仕事が飛んできます。既婚で子供持ちのパートの人も夜9時ごろまで勤務したりします。進捗状況を社長にチェックされて遅れていれば叱責されることもあります。
    この地獄のような繁忙期は1月末から3月半ばまで毎日続きます。土日も暗黙の了解で出勤します。もし土日に出勤していなければ直属の上司から電話がかかってきます。
    帰ってからはコンビニ弁当をチンして食べ、シャワーを浴びて就寝。洗濯物も溜まっていき、もはや自宅は寝るだけの場所と化します。遠方に住んでいる社員は近くのビジネスホテルで寝泊まりし、そのまま次の日出勤することも。または、会社で寝泊まりしてシャワーを浴びるためだけに翌日いったん帰宅し、すぐに出社する社員もいました。
    パソコンに向かい、小さな事務所の中で毎晩カタカタとみんなのキーボードを打つ音を聞きながら作業する毎日。会話は最低限のことだけ。この時期を機に退職していく人も多くいました。

    これらの事に耐えられますか?以上、繁忙期の様子でした。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する