総合電機メーカーの勤務地は選べるか?23view

現在、就職活動中の大学生です。総合電機メーカーを目指しているのですが、勤務地は選ぶことができるのでしょうか?具体的に教えていただければ、ありがたいです。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. tada-katsu-2015 2016/04/06 15:17


    同感。まあ世の中そんなに甘くはないよ。

  2. Shimokita 2016/04/06 15:14

    サラリーマンにそんな自由はないとお考えになったほうがいいかもよ。

  3. Shinjuku-b 2016/02/01 1:09

    私も総合電機メーカーに勤めていますが、採用面接時に複数の配属希望先を伝えました。学生時代は下宿生活のため、単身生活の苦労を感じていましたので、できるだけ自宅から通いたかったのです。幸い、配属先は自宅通勤できる事業部になり良かったのですが、勤務先の設計部門と工場は、特急電車で2時間30分ほど離れた場所に分散していました。景気が良かった頃は、よく日帰り出張したものの、バブル景気が終わり、不況になってから会社の合理化計画に沿って、地方工場に設計部門も集約することになったのです。当然、自宅から通えませんから、有無を言わせず単身赴任しなければなりません。中には、家庭の事情で転勤できない人もいました。しかし、残った人たちに与えられた仕事は、他事業部の倉庫番や守衛といった、技術者とはまったく違う職種の仕事でした。それから10数年、今度はリーマンショックによる不況で、地方工場を閉鎖することになり、工場勤務の人は全国各地の他事業部に転勤して行ったのです。もちろん、地元採用の人などで転勤できない人は、大半が希望退職を余儀なくされました。
    前置きがずいぶん長くなりましたが、何を伝えたかったのかと言うと、会社というものはある意味で生き物のようなものなので、絶えず変化しています。なので、最初に勤務地を選び、幸運にもそれがかなったとしても、必ず一生そこで勤務できる保証は全くない訳です。特に、私が勤務していた会社では、研究所に配属先が決まった人も、10年経つと、地方にある事業部や工場に転勤して行くように制度化されていました。総合電機メーカーに寄らず、転勤はサラリーマンには宿命のようなものだと考えておいてください。

  4. Nada-w 2016/01/22 23:34

    最近の学生は転勤を嫌う傾向にあると聞いていたけど、君もそうなのかな?厳しいことを言うつもりはないけど、転勤はサラリーマンには付きものだよ。特に総合電機メーカーに就職すれば、面接時や採用時に希望勤務先を聞いてはくれるけれど、形式的でほとんどあてにしない方がいいだろうな。学生の頃とは違って、会社は給与を支払う限り、基本的に社内命令には原則として従わなければいけない就業規則があることを覚えておくことだ。ただ、君が理科系の学生ならば、研究所か工場勤務の可能性が高いと思う。文化系の学生であれば、やはり営業職が中心になるかなあ。営業職と言えども、純粋な営業以外に、法務、経理、購買、総務などいろいろあるけどね。いずれにしても、どうしても勤務地にこだわるのであれば、総合電機メーカーは諦めた方が良いだろう。

  5. mitsu-nari-2015 2016/01/05 18:03

    国内の総合電機メーカーは、本社こそ東京や大阪に集中していますが、研究所や工場、営業所などは、全国各地に点在するのが一般的ですね。あなたが理科系の学生で、研究や設計開発職を希望するのならば、研究所や工場に配属される場合が大半でしょう。研究所の場合は勤務地が限られるので、選択の余地はないと思いますよ。工場勤務の場合だと、国内はもちろん海外にも展開しているメーカーがほとんどですが入社してすぐに海外勤務になることはないと思います。しかし、将来は十分考えられるでしょうね。その場合、家庭の事情等で転勤を断ることも可能ですが、職種等は選べなくなることを、覚悟してください。海外赴任が決まったとしても、一生そこで働くことはなく、早くて3年、長くとも5年から7年もすると、現地の所長にでもならない限り、必ず帰任できます。また、海外赴任候補者は、英語等の語学が優秀であることも必須う条件ですから、誰でも選ばれるということはありません。タイミングとしては、昇格直後が一番多いと思います。日常生活が大変になるかと思いますが、短期間の場合単身赴任もあり得ることを事前に検討し、念頭に置いておくことが賢明ですね。

ページ上部へ移動する