総合電機メーカーの研究部門からの転職(給料アップのため)29view

大手の総合電機メーカーの研究部門に勤める者です。現在、材料分析研究所で走査電子顕微鏡を使用した新規材料の開発に携わるプロジェクトリーダーを務めているのですが、多忙にも関わらず、給与はそれほど上がらない現状に多少不満を抱いています。そこで、現在の管理職か以前の技術職でもよいので、もう少し給与の高い会社に転職したいと考えています。何か良いお知恵があれば拝借できませんでしょうか。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. Hachij-j 2015/09/01 11:32

    例えば、このような例があります。私の勤めている会社にも研究開発部門があり、その傘下には化学分析を専門とする研究所もありました。たまたま、そこの研究所で技術管理をしていた私は、ある日所長から会社には秘密で、所長自身の履歴書を書いて欲しいと頼まれたのです。私にとって、直属の上司に当たる所長の命令とあっては断ることもできず、所長の経歴を履歴書に記載し提出しました。その後、数か月を経たある日、所長は大阪にある有名国立大学の教授として、転職して行かれました。所内の人には青天の霹靂だったと思いますが、私は事前に知らされていたので、やはりと感じたものです。
    また、こんな話もあります。これは私の間接の上司だった人が、やはり事前に私だけに打ち明けてくれたのですが、定年退職までまだ数年の月日を残したある日、突然会社を退職し、京都にある大手化学分析メーカーに転職して行かれました。あとに残されたものは、予想もしなかった事態に心底驚いていましたが、この二人に共通する点は、会社の人事と非常に仲が悪かったということでした。つまり、二人とも人事部門から厄介者扱いされていることを感じ取り、将来を絶望して自力で転職先(所長は大学の研究所、部長は企業の研究所の役員)を探して出て行かれたのです。後に残った私から見て、この二人がある意味で栄転にも匹敵するぐらいの転職を成功させた秘訣は、周到な根回しと同時に、本人がこれまで培って来た実績、及び人望が評価された結果であると感じました。
    具体的に転職を希望する人は、潜在的に数多くいると思いますが、成功させる秘訣は、やはり研究職であるなしに関わらず、実績や人望が物をいう世界なのだと思います。
    よって、その点を踏まえて行動されることが賢明だと思います。

  2. Chsei-j 2015/08/25 23:56

    いわゆるヘッドハンティングと言うやつだな。人並み外れた実力に加えて、社外にも人脈のある人間にのみ可能な、華麗な転職とでも言えばよいのだろうか。能力のない者からすれば、本当に羨ましい限りだよ。しかしながら、研究所の社員ともなれば、越えなければならないハードルは高い。厳しい言い方になるけれども、単なる努力だけでは足りないな。やはり、持って生まれた才能も必要になるだろう。けれど、研究所に配属されている人は、その才能も併せ持っている人だろうと思われている。だから、評価してもらうためには、まだまだ伸びシロがあることを認めさせないといけない。そのぐらいの覚悟がなければ、現状を素直に受け入れ、自分ができる範疇のことを、全力で取り組むことが大切なのではないだろうか。自分の能力を客観的に見ることは、簡単に見えて意外と難しいものだよ。現状を維持し続けることだって、実は大変な努力が必要なんだ。

  3. mitsu-nari-2015 2015/08/22 17:56

    プロジェクトリーダーと言うことは、一般に言う課長、または部長クラスの管理職に当たるわけですよね。十分に実務経験を積んで来られたものと想像します。社内はもちろんのこと、おそらく社外にも豊富な人脈を持たれているでしょう。それを活用すれば、あなたの希望する会社を探すのは、比較的容易なのではありませんか?専門分野が材料開発と言うことなので、材料メーカーはもちろん、化学分析の研究所や、大手または中小化学メーカーの研究所などが考えられると思いますよ。
    管理職クラスとなると、人事関係にも明るいでしょうし、コネも豊富だと思います。なので、具体的には転職を希望する会社との日常の商取引を通じて、内部事情を知ることですね。そして、目的に叶う会社であると判断すれば、自分の能力を最大限にアピールし、相手にとって、必要な人材であると認めさせることです。具体的には、取得特許件数や著名な論文投稿実績、各種学会発表、さらには顕著な功績に対する受賞歴などが有効な手段となるでしょう。結局、会社の研究所に所属する社員であっても、評価されるのは個々の実力なのであって、普段から仕事を通じて如何にそのスキルをアップさせて行くかにかかっていると思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する