建材メーカーの営業は激務ですか?仕事内容と流れを教えてください9766view

大手建材メーカーへの転職を考えています。
しかし、工務店で働いている知り合いから、建築業界は残業が多く激務のイメージがあり、あまりお勧めできる業界じゃないと言われました。
飛び込み営業やノルマもあり、それを達成するまで会社に帰れないところもあると聞きました。主な仕事内容や1日の流れなど、実際はどんなものでしょうか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. complex55 2016/01/17 23:41

    建材メーカーの業界によって何もかもが全然違う。
    水廻りメーカーの営業は、現場の打ち合わせや現場トラブルが多いイメージ。事務員のサポートが受けられるところが多くて書類作成は比較的楽だけど、ショールームを使った土曜・日曜日の集客イベントがあり、土日祝の出勤日が毎月ある。その代休も取れるけど、取る暇がなかなかない。
    建具メーカーの営業も、現場の打ち合わせ、現場トラブルが多く、そして何よりも見積もりが多い。見積もり作成等の事務作業も多く、建材メーカーの中でも夜遅くまで仕事をしている人が多い。土日祝の出勤は代理店のイベント絡みのみ。

    この二つと比べて営業が楽そうなのが、色なし商品と言われる断熱材や石膏、セメント商品を持っている素材メーカー。打ち合わせの必要のない商品がほとんど。化粧(塗装等)をしている商品ではないもの、仕上げとして出てこない(隠れる、上から現場で塗装される等)ものなので、現場クレームが少ない。自社での土日のイベント活動もない。

    楽を選ぶなら素材系だけど、業界の営業としての腕を鍛えるのなら水廻りか建具メーカーが良いのでは。

  2. Toyoake-h 2016/01/13 16:29

    建築業界のメーカー勤務している30歳です。
    特に激務というわけではないと思いますよ。残業も人によっては月10時間に満たない営業マンもいます。私の場合は拘束時間で毎日約10時程度、残業は月20時間程度です。もちろんサービス残業は皆無です。
    確かにお客さんあっての商売で、夜遅くまで仕事をしているお客さんもいるので電話は長い時間帯で鳴りますが、一般常識で夜分遅くという時間にかかってきた電話を取らなかったことで怒る人はいません。翌朝かけ直せば問題ないと思います。また、残業が美学と思っている世代の管理職も少なくなっているとこのごろ感じます。人件費もかかることなのでメリハリをつけて残業が少なく、効率の良い営業スタイルが求められています。
    ノルマは営業マンの仕事の指標であり、マナーではないでしょうか。ノルマをこなしてなければ会社から喝を入れられるのは当然です。ノルマをこなせず会社に帰りにくい時もあるかもしれませんが、素直に怒られて反省してください。

  3. Kitamurayama-86 2016/01/10 22:15

    外部意匠関連の建材メーカーで9年間営業をしている者です。ルート営業と呼ばれるメーカーの営業職についてお話します。

    会社によってまちまちだと思いますが、定時は8:30~17:30ぐらいですが、定時1時間前から出勤している人も半分近くはいる印象です。お客さんも同様の時刻から仕事が始まり、早ければ8時ぐらいには携帯電話が鳴り始めるので、事務作業やメールチェックなどの仕事を電話で邪魔されないように早めに出勤している人が私の会社では多いです。

    アポイントを事前に取ったり当日に取ったりもしますが、多い人で月100件、少ない人でその半分ぐらいのお客さんを回ります。特約店と呼ばれる代理店や、自社商品の施工業者、工務店、ときには設計事務所へも足を運び自社商品のPRやスペック活動を行います。広いようで狭いのが建築業界で、特に建材メーカーともなると特約店・施工業者は、規模の大小関わらずメーカーの会社名や商品のことをよく知っています。工務店でも商品のことは詳しく知らずとも、メーカーの名前は知っていることがほとんどです。そのようなところへの営業するのがルート営業です。ですから、飛び込みの営業と言っても、愛想なく門前払いされることは滅多にありません。むしろ飛び込み営業をする客先=これまで実績がなかった客先、なので客先がマンネリ化しているルート営業マンにとっては、飛び込み営業先があることは嬉しいことです。

    地域によっても異なりますが、17時で定時を迎える客先もあれば、定時がないような客先もあり、19時まではお客さんからちらほら電話がなるのが普通だと思います。それ以降の時間帯は、営業マンによっては携帯電話の電源を落としている人もいますし、24時間つけっぱなしで繋がる人もいます。個々の営業スタイルだと思います。営業マンが営業をする時間は日によってまちまちですが、17:00~19:00に会社に戻るのが一般的だと思います。そこから事務処理をして20:00~22:00に会社を出るのが多いケースではないでしょうか。

    またノルマについてですが、営業マンですのでノルマは必然と付いてきます。建材業界に関わらず、どこの業界の営業マンでも求められることかと思います。ルート営業の営業マンのノルマは比較的楽な方かと思います。何もしなくてもノルマの70~80%は受注します。
    あと少しの100%まで持っていくために必要なのが営業力だと思います。市況にも左右されるのでいい成績を残せるときばかりではありませんが、会社から求められていることをこなしていれば成績が良くなくとも会社から理不尽に罵倒されることはないと思います。

    数多くの人が関わっている建築業界ですので、いろんな噂を聞くことがあると思いますが、
    建材メーカーにおいては1年続けられれば、その後安定して難なく営業職を続けている人がほとんどです。安心して建材メーカーの営業マンになって下さい。

ページ上部へ移動する