印刷会社の営業にはどの程度の専門知識が必要ですか?138view

都内のホームページ制作会社に勤めています。変わってると思われるかもしれませんが、私は昔から何に関してもデジタルよりもアナログのほうが好きで、今の仕事も自分の興味を活かせるところがよかったのですが、実際のところ内定が出たところに就職したという流れです。もうすぐ30歳に差し掛かるころですので、私の理想である印刷会社に転職活動を展開しようと思っています。ネットで印刷会社での仕事について検索してみると、この業界は思っていた以上に専門性の高い分野であることが分かりました。専門用語も多く、印刷機や印刷の種類についても素人の私ではとても理解することができませんでした。なので自分が本当にこの業界に入ってもやっていけるものなのか、自信がありません。実情を伺いたく質問いたしますが、印刷会社の営業マンにはどの程度の専門知識が求められるものでしょうか。中途採用でも入れる余地があるか、参考にさせていただきたく思います。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. Kunimi-x 2015/04/25 5:04

    印刷技術は本当に奥が深くて歴史も長いから、結構面白いよ。アナログ技術に興味があるなら、趣味の範囲でも勉強してみて損はないから。転職を狙ってるなら、なおさら都合がいいんじゃない?だけど営業に必要な知識っていうなら、今はどっちかと言うとデジタル技術だよ。それなりの企業規模なら、営業マンが直接現場に指示を出したりするようなことはほとんどないからね。もし本当に印刷技術に興味があるのなら、営業じゃなくて技術職を選んだほうがいいと思うけど。印刷機のオペレーターは確かに専門職だから難しいと思うけど、工務部とかならやる気次第でどうにかなりそうだと思う。工務っていうのは、営業の仕事を現場に割り振ったり、外注手配したりする部門ね。現場の人たちと話をするのに知識は必要だけど、実際に機械を触るわけじゃないから比較的入りやすいと思う。ただうちの場合は本社勤務にならないけどね。グループ会社の配属になるから、そこのところこだわりが無ければ工務をお勧めします。営業だと、印刷とは全く関係ないソフト開発とかに回されたりもするしね。

  2. funeral 2015/04/17 2:33

    確かに印刷業界はアナログ文化が根強いですが、今は印刷会社もデジタル化一直線ですよ。小規模な印刷会社ならそれなりに印刷の知識もないと営業として認められないかもしれませんけど、大手に入るならITの知識のほうがはるかに重要ですからね。うちでも確かに印刷は市場規模がそれなりにあり、売り上げも印刷部門が一番高いです。ですがご存知の通り今のトレンドはデジタル媒体ですので、印刷物は減少の一途です。私たちも、何としてでも印刷に代わる収入源を見つけなければなりません。知ってて有利なのは、ウェブとシステム系の知識です。刷版、印刷、製本の知識があればこの業界に興味があることはアピールできるかもしれませんが、会社がそういった人材を求めているかは別です。私の課に一人置くとすれば、いくら印刷の知識があってもITに理解が無ければ採用しません。

  3. Kiyokawa-46 2015/04/01 22:02

    何を担当するかにもよりますが、印刷会社を志望するなら最低でも印刷機の種類と、それぞれの特性、市場くらいは知っておくべきだと思います。代表的なところでは、オフセット印刷、枚葉機、輪転機、凸版、グラビア、シルクスクリーンなどがあります。実物を見なければなかなかリアリティがないかもしれませんが、この程度であれば勉強するのも大したボリュームではありません。それ以外の特殊加工(箔押し、トムソンなど)は外注するのが一般的ですので、入社してからでも大丈夫です。製本工程については企業ごとに体制が異なるので全てを把握しておくことは無理ですが、刷り終わってからの一連の流れは共通していますので、断裁、折り、丁合、綴じ、化粧断ちくらいは知っておいたほうがいいでしょう。印刷は細かく勉強しようとすると、専門用語がやたらと多いです。それを全て暗記しようとすると大変ですし、営業に必要なものはほんの一部ですからそこまでする必要はありません。印刷技術は結構面白いですよ。アナログの技術に興味をお持ちのようなので、一冊でも入門の書籍を読んでみればハマるかもしれませんね。

  4. kangaroo_child 2015/03/26 14:00

    印刷技術は確かに専門性が高いです。大部分がデジタル化されましたので、完全アナログ時代に比べるとまだハードルは下がったほうですが、それでも最終的にはアナログの世界なのである程度の知識はやはり必要です。しかしそれを身に付けていなければ内定が出ないかと言われると、そんなことはありません。というのも、営業がうまく立ち回るために必要な部分はデジタル化されているので、一般的なITの知識があれば入社後に勉強すれば何とかなります。苦労することは間違いないですが、バックグラウンドがなくとも乗り越えられるレベルです。パソコンが使えない、またはスマートフォンしか興味がないという極端な人は問題外ですが、そもそもそういった人はメディア関係全般が無理でしょう。アナログの知識ももちろん必要ではありますが、今は印刷会社と言っても紙に印刷するだけが仕事ではないので、汎用性の高いウェブや編集ソフト(イラストレーター、フォトショップ)に関する知識があれば有利です。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する