新規入会につながる効果的な見学者案内の方法43view

中堅のフィットネスクラブです。多店舗展開はしておらず、1店舗にリソースを集中して運営をしています。近隣に大手フィットネスクラブの支店があり、顧客獲得の競争は激しいものになっています。今のところ顧客の反応は五分五分といったところですが、やはり大手の知名度によりやや劣勢感は否めません。新規で入会を考えるお客様も、必ず私たちの店舗と大手支店の店舗どちらも見学してから選ぶ状態となっています。知名度による信頼感に対抗できるような対策として、まずは見学の段階である程度こちらの店に気持ちが傾くような施策を考えたいと思っています。その他の面でいろいろと創意工夫点が必要だというのは承知していますが、面白く差別化が図れるような見学体勢を最初に整えたいです。フィットネスクラブの見学方法を、いくつかご紹介いただければ幸いです。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. political075 2016/01/19 23:22

    見学の時に、案内するスタッフだけがお話しするのはインパクトが弱い感じがしています。当クラブでは、新規入会をご検討のお客様にクラブの特長を説明し案内するときは、全ての担当者が交代でお話しするようにしています。例えば、トレーニング施設を案内するときは、専門のパーソナルトレーナーに説明と案内をしてもらいます。プール施設を案内するときは、スイミングの上級コーチに説明と案内を。スタジオ施設の案内は、エアロビクスの経験が長いインストラクターに、さまざまなスタジオレッスンの種類や内容を説明してもらいます。全ての施設の特長を1人のスタッフが説明するのは、リアリティに欠ける部分があり、本当に良い内容の説明ができない場合が多いです。やはりその道の専門家に説明してもらったほうが本当に面白い内容を詳しく話してくれるので、見学のお客様にとっても貴重な体験となります。最後のクラブ全体の説明については、必ず店長が行うようにしています。店長は誰よりクラブのことを理解しているし、良いところを余すことなく説明できるからです。質問者さんがおっしゃるように、入会を検討する際の最初の見学体験というのはとても重要な地位を占めます。ここで全てが決まると言っても過言ではありません。見学体験には、その時のクラブが表現できる最大限のアピールを全力で行うべきだと思います。

  2. neongreen 2016/01/11 18:21

    私達のフィットネスクラブでは、見学時に体重や体脂肪率などの主な体組成を計ってもらい、その状態を続けた場合のデメリットを、画像や文章と数字でわかりやすく表にまとめたものをその場でお渡しするようにしています。体組成を計った後、1人のスタッフが施設の説明や案内をしている間に、もう1人のスタッフが表をまとめるのです。一通り説明が済んだ頃に出来上がった表を提示し、今後の解決策と目標を素早くお話しします。見学者もこの内容には納得していただくことが多く、当店をお選びいただく理由として十分な武器となります。フィットネスクラブに入会を考えている人には、すぐにでも対策を講じて実施することが必要であることを、視覚と感覚で実感していただくのが一番効果的です。見学時に具体的な解決策まですぐに提案するところは少ないと思いますので、この方法はオススメです。

ページ上部へ移動する