中学生指導の塾講師求人

職業:塾講師

99views

imasia_14810474_M_R

 

公立高校と私立高校の受験指導

 公立高校の受験も各県によって受験の制度は様々です。まずは、この受験制度をしっかりと理解しなければ正しい受験指導はできません。一般入試や推薦入試を中心にスポーツ推薦などを行っている県もあります。推薦入試を受験するには学校の定期テストの成績が重要です。

 

 まずは、学校内容の指導ができて、定期テストの成績を上げる事が求められます。そして、受験前には過去問題などの実践問題の指導をする事になりますので、最低でも5年分の過去問題を解いて傾向をつかむ必要があります。

 

 また、難関私立高校の場合は、その学校の過去問題に合わせた指導が出来なければならない為、専門的知識が必要です。

 

  • 公立高校と私立高校で、指導方法が大きく変わってくる。

 

勉強だけの指導では成績は上がらない

 思春期真っ只中の中学生は、精神的にも不安定な要素があります。単に勉強を教えるだけでなく、いかにして生徒のモティベーションを上げるかは重要な指導です。

 

 また、勉強以外の悩みを聞いてあげたりすることもあるでしょうし、しつけ面での指導を求められる場面もあります。最近では、学習塾でありながら生徒の心の成長や、社会人になる前の態度研修などを取り入れている塾もあり、求められるスキルは多様化しています。

 

  • 勉強を教えるだけでなく、生徒のモティベーションを上げる事も重要な指導。

 

進路指導は学校よりも塾の先生

 最近の保護者は、学校の担任の先生よりも塾の先生の進路指導に、重きを置いている傾向があります。

 

 生徒の人生を左右する進路アドバイスを中途半端な知識で行う訳にはいきませんので、塾の講師対象の学校説明会に参加したり、志望校の卒業後の進路を調べたりと自主的に学習する姿勢が求められます。これは、塾講師のやりがいでもあり大きなプレッシャーともなり得る事情です。

 

  • 生徒へ適切な進路アドバイスをする為に、自主的に学習する姿勢が求められる。

 

本記事は2015/07/24の情報で、内容は塾講師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する