ブランク歓迎の経理の求人

職業:経理

79views

imasia_10468438_M

 

ブランクがあっても活躍できる経理の強み

 「一度経験した事」また「若いうちに習得した技術」は、基礎力があるうえその後の人生でどんどん磨かれていきます。職人さんもしかり、また専門職に従事する人ならそのことを実感していることでしょう。一時的に仕事を離れることがあったとしても、また同じ業務を始めれば、徐々にそのカンのようなものを取り戻し職場復帰は問題なく行えます。

 

 経理業務も、コンピュータの出現からIT化に至って、全てが手書きでおこなわれていた時代から考えると劇的な変化を遂げましたが、経理や会計のコンセプトまで変わる訳ではないので、コンピュータに慣れさえすれば仕事は同じです。

 

 ましてやすでに経理ソフトやオンラインでの手続きに慣れている世代なら、多少のブランクがあっても、それぞれのレベルごとに豊富な求人が見つかることが予想できます。

 

  • 経理業務においてブランクは全く問題にならない。

 

仕事を続けるか、辞めるかで悩む前に

 女性だけではなく、最近は男性でも、家庭の事情(子育てや家族の介護)、それから海外留学・独立するなどして、サラリーマン生活にブランク、または仕事自体にブランクを設ける事が増えてきています。

 

 転職市場の広まりもあって、キャリアチェンジをじっくり考えたり、資格取得や学位習得など、様々な理由で意図的に仕事をしない時期があっても、将来の就職・転職に支障がでることは少ないです。転職に対するイメージも前向きに考える人が増えています。だから、きちんとした理由があるのなら、ブランクがあっても仕事は見つかりますし、前職に関連する仕事なら余計に職場復帰のチャンスもあります。

 

 新しく資格や学位、技能を身につけた人なら尚更、よりよいチャンスに恵まれるかもしれません。ブランクの間に何をしたか、何を得たのかが明白ならば、むしろ大いなるステップアップに繋がるでしょう。

 

 また、休職の間何をしていたのかを職務経歴書などに盛り込んでもいいでしょう。家庭での金銭マネージメント、時間のマネージメントなど、専業主婦をしていた場合でも、色々な経験をしている訳ですし、それが仕事に活用できない訳がありません。

 

  • 女性でも男性でも、ブランクがあった理由をはっきり示せれば、復職・転職に問題は無い。むしろ、資格取得や留学などでブランクがあった場合などは、ステップアップできる可能性も増える。

 

ブランクありの人材を積極的に採用している企業

 ブランクありの人、とくに女性で出産・子育てで仕事を離れていた人を積極的に採用しようとしている企業もあります。日本政府も、戦略的に女性の社会復帰を促進しています。女性が働くことによってより経済が活性化し、これからの超高齢社会を支えることになるからです。

 

 もちろん、本当は出産・育児によって仕事を辞めざるを得なかったり、職場復帰しても元のポジションに戻れなくなることや、ブランク後に移動させられたりといった問題を解決し、女性も出産・育児に関係なく自らのキャリアを築けるのが理想ではありますが、いま現在この理想が守られている職場は、一部の公務員と、大企業の社員に限られています。

 

 いまはそれが、働く人のための当然の権利として行使されるまでの過渡期の段階です。少しでも企業が、ブランクのある人材を積極的に採用していく、また報酬の面でもしっかり対応していくシステムができれば、より多くの人材が再び社会参加できることでしょう。経理などの専門職は、とくに職場復帰して頂きたい人材です。自分の特性を活かして、どんどん社会に復帰していきましょう。

 

  • 一部の公務員と大企業の間では、ブランクのある女性の職場復帰ができるシステムが整いつつある。今後は他の企業にも、このシステムが浸透していくことが期待されている。政府としてもこの流れを促進している。

本記事は2016/02/05の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する