管理職の経理の求人

職業:経理

59views

imasia_12610520_M

 

経理の管理職の転職市場の動向は?

 最近は転職サイトでも、「○○万以上のエグゼクティブクラスの求人」を謳い文句にして転職希望者を募っている転職サイト・人材紹介エージェントも増えてきました。たしかにこれだけ転職市場の規模が広がってくると、現職に満足しているような人でも、2、3度は自分の適性年収を調べたりですとか、転職した際のメリット・デメリットを具体的に考えてみたことがあると思います。

 

 このように、転職が当たり前のように行われている現在ではありますが、これは主に、日本経済が低迷していた間に、日本ならではの終身雇用制度が崩れて、リストラにあう人が急増したり、企業自体を外資系企業に買収されたり、逆に日本企業が戦略的に海外企業を買収したり、お互いのメリットを考えて業務提携したりなど、グローバル化の影響が色濃くでてきたからだと考えます。

 

 また、どんなに会社に誠心誠意貢献したとしても、将来あっさりと首を切られてしまうかもしれないという不安を、一般の人が持つようになりました。そのため、資格スクールなどに通い、資格を取得したり、スキルアップにいそしんだりする人が急増しました。

 

 努力して管理職までになっても、コストカットの名のもとにその地位はいつ揺らぐかも分からないということです。ですから現職があっても、転職サイトなどにレジュメ登録したり、より条件のよい仕事があったら転職したいという考えの人が増えてきたのです。会社への帰属意識、忠誠心が昔よりも薄れたのもあるでしょう。

 

 管理職レベルの経理求人は、この移り変わりが激しい就業環境にあって、ますます増えてきています。一般経理や会計の専門家、マネージメント経験者だけではなく、M&A対策や資金調達、経営戦略のために、企業の業績を評価したりするデューデリジェンス、財務知識に明るい人材、企業コンサルティングなどができる人材なども求められるようになっており、経理、会計、財務にとどまらない広い包括的な経験と知識をもっていると、大きな強みになります。

 

  • 昔とは違い、管理職まで昇進してもその地位は安泰ではない。そういった外部環境の変化に伴い、経理の管理職レベルの求人も市場に多く出るようになっている。

 

管理職のキャリアゴールとは

 すでに管理職経験があり、経理や会計、財務などの専門知識を持っている人材は、転職市場でもかなり好条件の転職ができるというのは前項でも述べましたが、これらのエグゼクティブは一定のキャリアに達したあとも、その次の目標設定をしなおすことも大切です。

 

 日系企業でも外資系企業でも十分通用する実力を持っていて、ある程度の肩書きや財政基盤もできると、自分の能力に自信をもち、よりよい転職があれば転職したいと思うのは当然のことかもしれません。

 

 ただし、いまの現職だからこそ心地よく働けているのかもしれず、職場環境や仕事の面白さ、やりがいというのは決して年収だけでははかることができないこともまた事実である事を頭の片隅に置いておきましょう。数十万、数百万の年収アップのために、いままでの快適な環境や同僚、上司、部下、取引先との良好な関係、実質的な繋がりが無くなり、また新しく仕切り直すのは、やはりかなりのエネルギーがいるものです。

 

 もちろん、それだけの体力と活力のある人は、タイミングを見計らって、エグゼクティブ求人などに応募、またはスカウトに応えてみるといいのではないでしょうか。

 

  • 管理職経験があり、経理・会計の経験豊富な人材は、エグゼクティブ求人への応募や年収アップも可能です。しかし年収だけにとらわれずに、いまの職場と新しい職場での自分のポジション・立ち位置などをちゃんと考えましょう。

本記事は2016/02/05の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する