第二新卒歓迎の経理の求人

職業:経理

89views

imasia_9659455_M

 

第二新卒でも経理転職ならチャンスあり?

 第二新卒とは、学校を卒業した後一度就職したものの数年のうちに離職したり、または派遣社員や契約社員などをしていて、新たに正社員の仕事を探していたり、海外留学などの理由で遅れて就職活動を始めた人などのことを指すようです。一般的には卒業後3年以内の方の事を指すようです。

 

 実際、第二新卒というと企業側からすれば、またすぐに離職されるのではないかという懸念から新卒よりも就職が難しかったり、正社員にならないまま、非正規社員としてずっと働かざるを得ないようなイメージもありました。しかし、最近では景気が徐々に上向いている上、全体的に人材は売り手市場になってきていますので、第二新卒でもよい正社員の仕事が見つかる可能性は大です。

 

 その上、前職で経理にまつわる仕事に少しでも携わったことがあるのなら、全く何の職務経験がない新卒に比べて、実務経験ありと見なされます。企業側にとっては、研修などをする必要がなく即戦力となり得ますので、ぜひ欲しい人材です。そのうえ留学経験があったり、他の一般学生とは違う強みをもっている若者なら、積極採用したいと考える企業は多いことでしょう。

 

  • 人材は売り手市場になってきているので、第二新卒でも良い正社員の求人が見つかる。また、前職で経理業務に就いていた場合は、その職務経験がプラスになることが多い。

 

第二新卒も売り手市場傾向に

 若さとすでに就業経験などを持っている第二新卒は、いまは大きなチャンスとポテンシャルを持っている人材として評価され、人材紹介エージェントや転職サイトなどでも特集を組まれるようになってきています。

 

 企業のほうでも、2012年の統計によると第二新卒を積極的に採用したいという企業が全体の4割強になり、中途採用の人材のなかでも第二新卒が大いに期待されていることが分かります。

 

 日本企業でもやる気や強調性のある若い人材を欲しがっていますし、一度や二度の転職も、いままでの日本の経済の低迷や個人的な事情などを考慮にいれて、不問にする企業も増えています。当然外資系企業なら、あまり新卒にこだわることはありませんし、むしろ即戦力として使えない新卒を敬遠するポジションさえあります。

 

  • 経理の就業経験と若さのある第二新卒は企業から大きく期待されている。特に外資系企業などでは、新卒よりも第二新卒を優遇することも多い。

 

きちんとした目的意識をもって転職しよう

 第二新卒を含む若手社員の採用に関しては、採用意識が高い企業が多い反面、やはり企業側としても優秀な人材を選んで採用するのは当然のことです。若くて、将来のポテンシャルがある人材、能力開発の余地が大きく、柔軟性にも優れているのが第二新卒の長所です。やる気があり、目的意識が高く、企業にとっても大きな可能性を感じさせる人材であれば、第二新卒でもより多くの転職チャンスに恵まれることはいうまでもありません。

 

 すでに社会常識やビジネススキル、また経理に関していえば専門スキルや、留学やその他資格試験の勉強のために就職が遅れた人材に対しても、その遅れを補うだけの能力や資格を身につけていると評価されることも増えているので、新卒に比べて遜色ないどころか、より高い評価をされる事も多いのです。特に経理業務経験者は、第二新卒でも沢山の企業から声がかかるに違いありません。

 

 また、最近の傾向としては、第二新卒の方々は新卒に比べてきちんとした目的意識をもって就職活動をしていることがほとんどです。新卒時の就職で得られなかったことや反省点も含めて再チャレンジしている第二新卒に対して、好意的に受けとめている企業が想像以上に増えているので、このチャンスを逃さないように、自信をもって転職活動を進めていきましょう。

 

  • 新卒に比べて、社会経験やビジネススキル、経理の知識・資格、目的意識などをもって転職活動をしていることが多いので、第二新卒での経理職での転職は成功させやすい。

本記事は2016/02/05の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する