日系企業の経理の求人

職業:経理

49views

imasia_14276812_M

 

従来の日系企業での人事システム

 日系企業では、伝統的に新卒の社員を手間と時間をかけてしっかり育てるのが当たり前のように行われてきました。会社の将来を担う人材として、その社員の専門や希望というよりは、会社の人事部の裁量で様々な部署や仕事を経験させつつ、その会社にフィットするように丁寧に素材を磨いていったのです。

 

 終身雇用・年功序列のシステムは、日本の社会全体に安定をもたらし、仕事が出来る出来ないに関わらず、長く勤め上げれば一定のポジションを得ることができるシステムでもありました。ある意味、平穏な時代だったのです。現在の職場のように、過度の緊張やストレスにさらされることなく、競争やリストラ、足の引っぱり合いなどはより少なかったことでしょう。

 

 しかし、手厚く保護されていた日本の労働者も、グローバル化の流れには逆らうことができず、今となっては、一般に長く勤めることが当たり前であった経理の仕事さえ、転職市場でさかんにやり取りされるようになってきています。

 

  • 従来の終身雇用・年功序列システムにおいては、安定していたため転職をする方は少なかったが、今では長く働く事が前提だった経理職でも転職が一般的になってきている。

 

劇的に変化した日本企業

 バブルがはじけ、「失われた20年」を経験し、その上リーマンショックなどで打ちのめされた日本企業は、厳しい変革を迫られました。よりコストパフォーマンスのよい人材を求めた結果、非情にも思えるリストラが横行し、そして製造業では生産コストや為替リスクを減らすため、どんどん海外へその拠点や工場を移すことになったのです。海外企業によって買収される日本企業も出始め、日本の古き良き企業文化はその荒波のなかでどんどん淘汰されていったのです。

 

 それによって日本企業独自の文化よりも、外資系の合理的な考え、そして会計では国際会計基準の導入もあり、大きく様変わりしていきました。現在では、国際会計基準にのっとった財務諸表を作成し、広く情報を公開し、海外からの投資やお金を呼び込むため、企業価値を高める努力も必要となってきました。

 

 いままでただ数字を追っていただけの経理担当者が、より広い世界に向けてその企業の業績や、事業計画、経営や財務状況などを開示し、プレゼンするようになってきたのです。

 

  • グローバル化を含めた様々な外部環境の変化とともに、日本企業も変わってきた。国際会計基準の導入も含め、プレゼンが必要になってくるなど、経理担当者の業務も変わってきた。

 

日系企業でも実務経験重視&職務経歴書作成が鍵

 広く求められる優秀な経理スタッフ。いまは人材紹介エージェントなどを仲介して人材募集する企業、そして仕事に応募する候補者が多いです。それぞれの専門を活かして転職するには、とくに経理スタッフ紹介に強いといわれる人材紹介エージェントや転職サイトを利用しましょう。

 

 エグゼクティブクラスの転職サイトもありますし、自分の能力レベルやキャリアゴールにあわせて転職サイトを利用できます。日系企業は、基本的に転職が多すぎる人を嫌う傾向があるので、職務経歴書を作成する際には注意し、転職をした理由を簡潔に述べることができるように、面接対策などもしっかりしておくといいでしょう。

 

  • 日系企業の経理職の求人は、人材紹介エージェントなどに多くの案件が存在する。職務経歴書の準備はしっかりとしましょう。

本記事は2016/02/05の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する