大企業の経理の求人

職業:経理

84views

imasia_10133119_M

 

日本企業かグローバル企業か

 一般的に今までの日本の大企業では、大学時代の専攻や専門知識とは関係なく、入社後様々な部署に配属されて色々な経験を積ませる事が多かったものです。また、年功序列や終身雇用制度がしっかりしていたので、ゆっくり育ててもらえる反面、自分のやりたい仕事があっても、なかなか希望の部署に行けなかったり、自分が希望しているポストには上司がいて、席が空くまで、また自分が昇進するまで長く待たされることもありました。

 

 もちろん、安定して同じ企業に勤めることができ、また概して大企業は福利厚生などが充実しているので、その分メリット大きい点もあります。しかし、自分のやりたいことがはっきりしている人は、こうした日本企業的なものに疑問を感じることもあるかもしれません。

 

 現在では日本への外資系企業の進出が著しく、もし自分の能力や専門性を活かして自分の望む仕事をしたい場合には、世界的なグローバル企業、外資系大企業に勤めたほうが良いかもしれません。年齢や就業年数など関係なく、実力があれば昇進できるシステムは、やる気や能力のある人には向いているでしょう。

 

  • 安定的な日本企業か実力主義的な外資系企業か、自分の中で向き不向きを考えましょう。

 

大企業からの転職の前にもう一度考えよう

 大企業の場合は、全体の膨大な経理業務の「ごく一部」を担う事になりますので、自分の業務をしっかり正確にこなすことで、専門性やその業務に関してのプロフェッショナルになれる可能性があります。ただし、経理全体、その部署全体の仕事の流れが分かりづらく、隣に座っている同僚が一体どんな仕事をしているのか、詳しいことは全く分からないことも多いです。

 

 同じ事の繰り返しで変化が無い上、自分の与えられた仕事に満足できない、また年収などのアップを狙いたいという人には転職も勧められますが、大企業の場合、同じ業種や職種に転職する場合、結局は同じような仕事内容になる事が多いので、転職したことであまり大きな変化にはならないかもしれません。

 

 日々の仕事のなかでなんらかのモチベーションを持ち、しっかりスキルを磨き続けてチャンスを狙っていれば、昇進や転職などで、新たなチャンスを掴めることでしょう。ただし、大企業の場合は、それだけでも待遇などの面で、一般企業よりも恵まれていることが多いので、転職を考える際には慎重にしましょう。せっかくの好条件の仕事場を自ら離れることは勿体ないです。

 

  • 大企業においては、経理業務のごく一部を担う事が多い。専門性を高めることはできるが、全体の流れをつかむことは難しい傾向にある。大企業から大企業へ経理の転職する場合は、同じような仕事内容になる場合も多く、しっかりと条件を検討することが大切。

 

自分の適性を考えて、転職計画を練る

 「それでもどうしてもやりたい仕事がある」、「自分の能力を活かしたい」、「競争の激しい環境で自分を試したい」、「年収を大幅アップしたい」などの目標がある場合、転職サイトを利用して自分のプロフィールを載せてスカウトを待ったり、または自分で職務経歴書を書き始めたりして準備しましょう。

 

 大企業の経理のポジションは、業種は違えどやはり同じような大企業のところからスカウトが来やすいものです。その分、すでに大企業に勤めたという後ろ盾があるのは転職には有利に働く事が多いです。そうした将来を見越して、ネームバリューのある企業に一度でも勤めておくというのも、転職市場上、自分を高く評価してもらう為の大事な戦略といえるかもしれません。

 

 中小企業への転職も、大企業からなら比較的容易なので、その点は使い勝手の良い切り札になることでしょう。逆に、中小企業から大企業というのは、余程の専門性が無い限り、難しい点もあるのを知っておきましょう。ただ正社員以外の就業形態ならば、採用される可能性も高いです。

 

  • もともと大企業に勤めていた場合は、大企業への転職は有利に働く。また、中小企業への転職も比較的容易になっています。

本記事は2016/02/05の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する