公認会計士の採用先の分類

職業:公認会計士

212views

imasia_11140686_M

 

監査法人(Big4)

 公認会計士は、まず公認会計士試験に合格した後、実務経験を積む必要があるので、その大半は監査法人でキャリアをスタートします。特に、Big4と呼ばれる四大監査法人が採用人数も待遇も抜け出ていますので、まずBig4に在籍することが公認会計士の出発点になります。

 

 Big4では、試験合格者の採用が中心になりますので、中途採用の枠は多くありません。ですが、監査基準の厳格化や国際会計基準(IFRS)の導入など監査法人に求められている仕事が増加していますので、人数は多くないですが、通年で採用はあります。

 

 また、Big4はどこもM&Aや税務面のアドバイザリー業務なども含む幅広い分野でサービス提供を行っています。そのため、経験豊富な公認会計士の需要は常にあり、通年で採用があります。

 

  • Big4が公認会計士の出発点。経験豊富な公認会計士の需要は常にある。

 

中小の監査法人や会計事務所

 Big4の監査法人で実務経験を積んだ公認会計士は、活躍の場を小さな組織に移す場合があります。

 

 Big4は良くも悪くも大企業なので、個人が担当できる仕事の分野は限られていますが、中小の監査法人や会計事務所では、プロフェッショナルの人数が少ないため、その1人が担当する業務が必然的に広がり、様々な経験を積むことができます。

 

 また、Big4のクライアントは大企業が中心ですが、中小の監査法人や会計事務所では、個人商店や個人事業主も大事なクライアントになります。そういった所から、クライアントとの距離が近く、個人として感謝される場合も多いので、やりがいをより強く感じることができます。

 

 中小の監査法人や会計事務所では、元々プロフェッショナルの人数が少ない割に引き受ける仕事の数は多いため、常に採用の需要はあります。ただ、どこも少数精鋭で活動していますので、採用に人数は決して多くありません。

 

  • 中小の監査法人や会計事務所は少数精鋭で活動。幅広い経験ややりがいを求めた公認会計士を常に求めている。

 

監査法人・会計事務所以外

 公認会計士の活躍の場は、監査法人や会計事務所の範囲に収まりません。まず一般事業会社の経理部門は、年々複雑になっている会計基準への対応などで会計のプロフェッショナルを社内に置きたいという需要は増えています。

 

 また、証券会社や投資ファンドは、クロスボーダーのM&Aなど大規模な案件が増えているため、その分野で経験が豊富な公認会計士を常に求めています。コンサルティングファームも、会計面の高度な知識・経験を有した公認会計士の需要は高く、通年の採用があります。

 

 ただ、どこも会計のプロフェッショナルは、少数いれば十分であるという考え方は中心であるため、決して採用人数は多くはありません。

 

  • 監査法人や会計事務所以外にも経験豊富な公認会計士の場は広がっている。

 

本記事は2016/02/02の情報で、内容は公認会計士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する