公認会計士の転職と年齢

職業:公認会計士

879views

imasia_4332545_M_R

 

転職に年齢制限はない

 公認会計士は、会計のプロフェッショナルですので、転職においては経験が最も重視されます。

 

 会計の知識や監査の経験が一定程度あることが前提で、それに加えてどんな経験をしていたかということが、採用の合否の分かれ目になります。その中で、年齢はその経験を示す参考指標です。

 

 そのため、35歳以上は採用されないなど、一般の転職にあるような年齢による足切りはほとんどありません。むしろ、年齢が高い方がより多くのことを経験していると考えられるため、転職ではプラスに働くこともあります。

 

  • 年齢は、経験を表す参考指標に過ぎない。

 

年齢よって求められるもの

 公認会計士の転職において、年齢は重要視されません。しかし、全く無関係化というわけでもありません。年齢によって、転職先の会社から求められる知識や経験が異なるからです。

 

 20代で転職する場合は、プロフェッショナルとしての経験は決して多くありません。そのことは転職先の会社もわかっています。したがって、求められるものは、特別な経験よりも、その個人のポテンシャル、具体的にはコミュニケーション能力であったり、地頭の良さだったりします。またハードに働くための体力も必要です。特別な知識や経験は採用してから身につけてもらえばいいので、20代の公認会計士には、優れたポテンシャルや体力が求められます。

 

 30代で転職する場合は、プロフェッショナルとして1つや2つの大きな山場を経験していることが求められます。30代の公認会計士は、プロジェクトリーダーなど重要な役割を担ってもらう人材として採用されることが多いです。そのためには、会計の知識や監査の経験があるだけでは足りません。自分の強みとなる特別な専門知識・経験を身につけておくことが必要です。

 

 40代で転職する場合は、CFOといった役員クラスや経理部長といった役職で採用されることが多いです。会社のトップに近いポジションになるための転職になりますので、会社の社長に負けないだけの知識や経験が求められます。

 

  • 転職する年齢によって求められる知識や経験が異なる。

 

公認会計士に合格したときの年齢

 公認会計士のキャリアは、試験に合格した時からスタートになります。この時の年齢が公認会計士としての1年目です。したがって、20代で合格した人も30代で合格した人も、同時にスタートすることになりますので、若いときに合格すればするほど、年齢が若いうちに様々な経験を積むことができます。

 

 また、試験に合格して最初に就職する監査法人では、3年目から4年目でもチームリーダーといったポジションを任される場合があります。30代でリーダーの経験があることは普通ですが、20代でリーダーの経験があるということは、転職の場では大きな強みになります。

 

 転職先の会社も、若くして合格した公認会計士は、年齢以上の経験があると見ています。それは、概して公認会計士には年齢以上の経験を求めてくるということにもつながります。公認会計士として転職する場合には、年齢以上の経験が求められているということを意識しておくことが重要です。

 

  • 公認会計士には年齢以上の経験が求められる。

 

本記事は2016/02/02の情報で、内容は公認会計士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する