公認会計士の転職と悩み

職業:公認会計士

351views

imasia_10991722_M_R

 

公認会計士の待遇とやりがいのギャップ

 公認会計士が転職を考える時に最初に出る悩みは、待遇とやりがい、どちらを選ぶかという問題です。

 

 公認会計士は、試験を合格した後、まずはBIG4と呼ばれる四大監査法人に就職します。BIG4は、良くも悪くも大企業なので、自分が経験できる仕事の範囲は限られます。そのため、なかなかやりがいを感じることができず、転職を考える場合が多いです。

 

 しかし、BIG4は業界最大手の組織でありますので、その給料や福利厚生といった待遇面も最高水準です。ヘッドハンティングのような特別な場合を除き、BIG4から転職して給料が上がるということは少ないのが現実です。もし年齢が若くて独身だったりすれば、やりがいを求めて転職することをすぐに決断することができますが、家族がいる人は自分のやりがいだけでは決められません。

 

 自分の気持ちは転職だけれど、その待遇のよさに転職に踏み切れないという問題は多くの公認会計士が抱える悩みです。

 

  • 最初に出てくる悩みは、待遇面の良さに転職に踏み切れないという悩み。

 

公認会計士の差別化の難しさ

 公認会計士は、会計のプロフェッショナルとしての資格を有していますので、一般の転職市場の中では、一歩も二歩も先に進んでいます。しかし、それは一般事業会社への転職の場合であり、競争相手は公認会計士以外の人達という場合だけです。

 

 公認会計士の転職は、まず公認会計士同士の競争に勝つ必要があります。転職を考えている公認会計士は多く、転職市場の中には既に多くの公認会計士がいるからです。

 

 他の公認会計士との競争に勝つためには、他の人が持っていない知識や経験をアピールするしかありません。ただ、会計の知識は当然どの公認会計士も持っていますし、多くの人がBIG4の監査法人からキャリアをスタートしていますので、そのバックグラウンドも自然と似てきます。

 

 その中から差別化のポイントを見つけ出すことは、中々難しい問題です。公認会計士が転職しようとした場合、自分のアピールポイントが何なのかがわからないで悩むことは多いです。

 

  • 公認会計士同士で差別化することは難しい。

 

公認会計士のやりたいことと未経験

 公認会計士の多くは、試験合格後、BIG4の監査法人に就職します。そこは、業界最大手の組織なので、個人が担当できる仕事の範囲は限られます。最初は、雑用や先輩から指示されたことしか任されません。自分がやりたいと思っていた仕事ができる人は、BIG4の中では極僅かです。そのため、自分のやりたいこと目指して、転職を考える人は多いです。

 

 しかし、転職市場で求められている公認会計士は「会計のプロフェッショナルとしての公認会計士」です。転職先の会社は、経験豊富な公認会計士を採用したいと思っています。そのため、M&AやIPO(株式公開)をやりたいと思っている場合でも、その経験がないとなかなか採用されません。そしてBIG4の監査法人の中で、その経験を積むことができる人も限られています。

 

 やりたいことをやるために、まずはその経験ができる場所を探さないといけませんので、中々転職することができないという悩みを持つ公認会計士は多いです。

 

  • 経験がなければ、やりたいこともできないという悩み。

 

本記事は2016/02/02の情報で、内容は公認会計士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する