公認会計士と税理士の違い

職業:公認会計士

72views

imasia_15861656_M_R

 

公認会計士と税理士の関係

 公認会計士は、よく税理士と間違われます。「公認会計士って、税理士とは違うの?」という質問は、公認会計士であれば誰もが一度は聞かれたはずです。その回答としては、「全然違うよ」と答える場合もありますが、実際の所、公認会計士と税理士が全く違う、というわけではありません。言ってしまえば、親子や兄弟のような関係とも考えらえます。

 

 公認会計士は、会計のプロフェッショナルです。税理士は、税金のプロフェッショナルです。そして税金は、会計という包括的な分野の一項目になります。

 

 例えば、会計基準に沿って作成される決算書には、税金費用の金額も計上されます。決算書を監査する公認会計士は、当然その税金費用が適切に計上されているかも確認することになります。そのため、公認会計士は、会計のプロフェッショナルであると同時に、税金のプロフェッショナルでもあります。

 

 公的にも公認会計士の資格保有者は、別途試験を受ける必要はなく税理士登録ができます。

 

  • 公認会計士は、会計のプロであると同時に税金のプロでもある。

 

公認会計士と税理士の仕事の違い

  公認会計士と税理士の仕事も、同じ会計分野を専門にしているため、その内容は似ています。ただ公認会計士が専門としている会計は、その対象範囲が広いです。

 

 簡単に言ってしまえば、会社が作成する決算書全体が会計の範囲です。一方、税理士が専門としている税金は、その対象範囲は狭いです。決算書の一項目に過ぎません。しかし、その限られた範囲のプロフェッショナルですので、その税金関係に関する知識や経験は非常に深いものになります。

 

 仕事の違いで大きな特徴としては、公認会計士の仕事は主に大企業向けのサービスが多いですが、税理士は中小企業や個人事業主を相手にした仕事が多いというものがあります。

 

 監査業務は、監査を受けることが義務な会社は、上場企業や会社法の大会社などに限られていますが、税務申告は、大企業から中小企業や個人で活動している人もみんな義務になります。そのため、税理士の仕事の顧客になる範囲は非常に広いです。

 

 なお、監査業務は公認会計士の独占業務であるため、税理士にはできません。一方、税金業務は税理士の独占業務ですが、公認会計士は税理士登録すれば、税金業務もすることができます。

 

  • 仕事の内容は似ているけど、その範囲が違う。

 

公認会計士と税理士の仲の良さ

 公認会計士と税理士の関係性は、仲が悪いということで有名です。仕事の範囲が被っているため、顧客を取り合うライバル関係だからです。

 

 しかし、これは主に独立して活動している公認会計士や税理士の話です。Big4と呼ばれる四大監査法人に所属している公認会計士は、税理士とは良好な協力関係を築いています。

 

 Big4のクライアントは、大企業が中心なので、その税金計算は複雑で非常に難しいものです。そこで、税金部分はより専門としている税理士に任せる、という分業制を取っています。税金部分は税理士に、会計部分は公認会計士に、という役割分担が築けています。そのため、Big4は、どこもその関係会社として税理士法人を持っています。

 

  • 仲が悪いのは独立して個人で活動している人たちの話。

 

本記事は2016/02/03の情報で、内容は公認会計士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する