中小企業診断士の年収相場

職業:中小企業診断士

333views

imasia_14784566_M

 

独立診断士の場合

 全国の中小企業診断士有資格者の中で独立している人の割合は3割程度といわれています。しかもその中には税理士や社会保険労務士などの資格を持った、いわゆるダブル資格者も含まれているので、純粋に診断士として独立している人の割合はもっと少なくなります。

 

 ダブル資格者は、税理士業務などの本業で稼いでいるので平均的な年収は高い傾向ですが、純粋な診断士ですと、1,000万円をひとつの目安としている人が多いです。診断士として独立する年齢層は40代から50代までが多く、年齢と経験値が比例しているのであれば年収も高くなりますが、駆け出しの診断士が簡単に稼げる額ではありません。

 

 新人は、よほどのスキルやノウハウがない限り経営コンサルタントとしての契約を結ぶのは難しく、安定収入を得るのに苦労しています。先輩診断士や中小企業基盤整備機構などの出先機関などから、スポットの仕事をもらいながらの生活が多く、初年度は月額25万程度で、年収300万くらいになります。

 

  • 駆け出しの診断士はスポット業務が多くなり、安定収入の確保は難しい。

 

企業内診断士の場合

 中小企業診断士の中で一番多い形態がこのケースで、資格取得後も会社に残り企業内診断士として社内の問題解決に当たる場合と、中小企業診断士という資格を上手くアピールすることで転職し、ステップアップをする人もいます。

 

 企業によっては資格奨励制度が制定されており、資格取得による一時金や、資格手当として月給がアップするケースもあり、その分だけ年収はアップします。

 

 また、転職によるキャリアアップでは、転職先企業に自分の強みを上手くアピールすることさえ出来れば、診断士としての資格をスキルとみなしてくれて、その分をベースアップとしてくれる企業もあります。ただ、中小企業診断士は国家資格のわりに認知度が低く、どういった内容の資格か一般的には知られていません。履歴書を見てもスルーされることもあるので、しっかりアピールすることが重要です。

 

  • 企業内診断士は、業務の幅が広がり、キャリアアップも望めるので年収増加要因は高い。

 

週末起業者の場合

 企業内診断士として自分の専門性を磨きつつ、週末にはセミナーの講師や協会からの仕事や、商工会議所からの窓口相談などによる副収入を得ている人もいます。

 

 複数の収入口を確保する働き方が叫ばれている昨今では、企業に勤めながら、週末には診断士の資格を活かしつつスキルアップして、老後にコンサルタントとして活躍する年金診断士といわれる人も存在します。スポットの仕事でもらえる額は、仕事の内容と拘束時間にもよりますが、平均すると1日2万円から5万円ほどです。

 

  • 副収入を得る手段としての中小企業診断士活用もできる。

 

本記事は2016/01/29の情報で、内容は中小企業診断士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する