経理転職時の志望動機

職業:経理

631views

imasia_15796619_M_R

 

ポジションや仕事内容別に志望理由を考えよう

 経理、会計の仕事は、ポジション毎に必要とされるスキルや知識が違うので、初心者で、経理の仕事を目指す場合は、やる気や堅実さをアピールして、とにかく経理業務に興味があること、資格取得などを目指していることをアピールすると良いでしょう。習うより慣れろの精神で、日々の業務を粛々とこなしていくような人材が求められています。志望理由は、経理業務に興味があり、これから職務経験を積みたいなどがいいでしょう。

 

 中堅の経理スタッフは、前職を辞めた理由をしっかり伝え、理にかなった転職理由、例えば、「キャリアアップしたい」「他の業種で経験を積みたい」「管理職へのステップアップをしたい」、中小企業から大企業への場合は「専門分野の経験・知識を活かしたい」、大企業から中小企業の場合は「幅広い業務をこなして、経理業務全体の流れを捉えたい」などの志望理由を伝えるといいでしょう。

 

 管理職の転職は、いままでの経験と実積を職務経歴書にまとめ、前職でどれだけの成果をあげたか、どれだけのメリットを会社にもたらすことができるか、次の仕事で、どのような目標を達成したいか、志望理由をしっかりと簡潔に伝えましょう。

 

 それぞれのレベルに合わせて、転職で成功する志望理由や、モチベーションは違うと思いますが、もし適切な理由を見つける事が出来ない場合は、転職サイトのキャリアコンサルタントなどに相談し、転職にベストな志望理由などを一緒に考えてもいいでしょう。

 

  • 自身の職務経験やスキルに応じて志望理由は変わっていく。転職エージェントに相談して、一緒に志望理由を考えてもらうのも一つの手。

 

自分の現在の能力レベルにあった転職を

 初心者レベルでもいまは会計ソフトが簡素になり、使いやすくなっているので、きちんと引き継ぎを受ければ、だいたい軽い経理業務くらいはこなせるようになります。毎日の取引のなかで、だんだんと経理の仕事を覚えていって、最終的に財務諸表の作成や確認などもできるようになります。

 

 管理会計や財務など、また別の専門知識を必要とされるポジションもありますが、基本的に経理業務は、毎日の仕訳から始まります。仕組みは単純明快ですので、ブックキーパー、記帳レベルであれば、事務職経験者ならこなすことができます。経理業務未経験でも受け入れてくれることが多いのが、このような会計ソフト入力のスタッフです。

 

 中堅経理スタッフになると、経理業務経験の他に、経理のコンセプトや日々の業務の流れが分かっている人ではないと、即戦力として使えないので、経験者採用が普通になります。このレベルの人の求人が一番多いともいえ、経理、会計の資格を取得したり、英語に磨きをかけて外資系企業に転職したりできます。これからの将来を見据えて自分の専門性を磨いておくことが大事でしょう。

 

 経理、会計の管理職は、大学、大学院などで会計学専攻、またはMBA、税理士、公認会計士などの資格を取得し、専門性、それから経営や財務の知識なども必要とされるポジションです。前職でもすでに管理職、マネージャーレベルの業務の経験がある人ではないと、管理職で転職するのは難しいでしょう。ただし、このエグゼクティブクラスの経理、会計関係のポジションの需要は常に一定数あり、着実にスキル、キャリアアップしてきた人なら、転職によって、年収や地位をアップすることも難しくはありません。

 

  • 「未経験者」「中堅スタッフ」「管理職」と経理経験・スキルに応じて求められる仕事内容や責任が異なる。自分に合った求人かをしっかりと見極めましょう。

本記事は2016/01/29の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する