テレビディレクターの離職率

職業:テレビディレクター

131views

imasia_14702235_M_R

 

テレビ業界の離職率はとても高い

 テレビ業界の離職率はとても高いです。特にアシスタントディレクターとして1年以上生き残るのは3割程度です。そして、3年以上の下積みを乗り越えてテレビディレクターになれるのはほんの1割ほどです。それだけテレビディレクターという職業は、厳しい世界なのです。

 

 実際には休みがほとんど取れないため、体力的に限界がきて辞めてしまう人が多いですし、小さな制作会社は労働時間は長いのに給料が低く、残業代も出ないブラック企業が多いのも事実です。どんなに優良な会社に入ろうが、仕事がハードなのには変わりありません。

 

 そういったところから、テレビディレクターは、過酷で厳しい仕事に耐えられる体力と精神力を持ち合わせ、幅広い知識を持ち、好奇心旺盛で洞察力や瞬時の判断力がある人が求められます。人と接することが苦手、調べものが不得意な人はアシスタントディレクターの段階で挫折します。ですから、臨機応変さ、打たれ強さを持っている人が向いています。

 

 テレビディレクターになるまでに一番難しいことは、長く続けることなのです。

 

  • アシスタントディレクターとして1年以上生き残るのは3割程度。一番難しいことは、長く続けること。

 

やりがいと目標を持てば頑張れる魅力ある仕事

 最初のうちは芸能人に会えるといった楽しさもありますが、実際には芸能人を眺めているどころではないほど仕事が山積みです。しかし、テレビディレクターになれると自分自身で作った番組が放送され、多くの人に観てもらえるわけですから、その喜びは言い表せないほど大きいです。

 

 アシスタント時代にそばで見ているとわかるように、テレビディレクターは要領のいい人が多いです。仕事量は莫大で作業も大変ですが、大変そうに見えないところがプロであり、テレビが好きで作っている、仕事が充実しているから軽くやってのけているように感じるのです。

 

 先輩たちを見習って辞めずに続けていくと、きっと目標が見えてくるはずです。いつか見返してやる、くらいの気持ちで頑張っていけば、3年なんてあっという間です。

 

 テレビディレクターはクリエイティブな専門職ですので、誰でもすぐになれるわけではありませんが、自分で番組が作れるようになれば日本中どこでも仕事はあります。

 

  • 辞めずに続けていくと、きっと目標が見えてくる。

 

本記事は2016/01/26の情報で、内容はテレビディレクターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する