テレビ局のテレビディレクターの求人

職業:テレビディレクター

182views

imasia_7974571_M

 

テレビ局は放送業という業種の企業

 テレビ局は放送業という業種の企業です。ですので、局内には様々な部署が置かれており、どの部署でも番組制作に直接関われるというわけではないのです。

 

 もしも、総務や人事に配属されれば、テレビ局という環境での全体管理や人事を担当します。営業になると、CM枠をスポンサーに売ったり、番組や映画とのコラボ企画を企画立案したりして、テレビ局やスポンサーの売り上げに貢献したり、スポンサーのニーズに応えて企画などを展開します。編成局では、自局のあらゆる番組をどの時間帯で放送するか組んだり、視聴率や視聴者のニーズ、スポンサーの需要などを分析しながら、どのような番組企画を立ち上げるか戦略を立てます。

 

 それぞれ番組づくりに間接的に関わっていると言えばそうなのですが、実際に制作現場で活躍できるテレビディレクターになるには、採用試験の時から「テレビディレクターを目指している」ということをアピールし、制作現場がある部署に配属されることです。

 

  • 採用試験時から、テレビディレクターを目指しているということをアピールしておきたい。

 

テレビディレクターの配属先

 入社が決まったらまず、テレビディレクターとして番組制作ができる部署を志望することが第一歩です。番組制作に直接的に関われるのは、制作局、情報局、報道局、スポーツ局などです。どこに配属されるかによっても制作する番組内容が違ってくるので、どんな番組を作ってみたいか、自分の世界観を持っておくことです。

 

 しかし、一般の企業と同様に、必ずしも希望する部署に配属されるというわけではないので、遠回りしてでもいずれテレビディレクターになりたいなら、多方面に興味を持ち、臨機応変に対応できなければいけません。

 

  • 番組制作に直接的に関われるのは、制作局、情報局、報道局、スポーツ局など。

 

テレビ局の番組のジャンル

 番組のジャンルはドラマ、バラエティー、情報番組、ワイドショー、ドキュメンタリー、ニュース、スポーツなど様々です。

 

 まず、ドラマやバラエティーを作っているのが『制作局』です。同じ制作局でもドラマとバラエティーでは番組の内容がまるっきり違うので、「ドラマ部」「バラエティー部」と分けられていることが多いです。テレビを楽しんでもらうため、日々企画立案して番組を作っているのが制作局です。

 

 次に、情報番組やワイドショー、ドキュメンタリー番組などを制作するのが『情報局』です。局によっては『社会情報局』という名称だったり、『情報制作局』だったりします。情報を伝えるものなら何でも、というほど幅広い番組を制作しています。生放送で情報を伝えたり、中継したり、ロケに行ったりと、テレビディレクターとしての基礎知識が詰まった部署です。

 

 『報道局』はニュースやドキュメンタリーを作っている部署です。世の中の様々な出来事をタイムリーに正しく伝えるのが報道ディレクターの仕事です。報道では記者がディレクターを兼ねていることが多いです。大事件や大事故が発生すれば不眠不休で取材したり、政治・経済・国際情勢などから常に目が離せません。また、社会に訴えたい問題や、戦後○年、オリンピックなどタイムリーな話題をテーマに、報道ディレクターが深掘りして取材し編集して作り込みます。それをニュース番組内や特番でドキュメンタリー番組として放送することもあります。

 

 『スポーツ局』はスポーツに関わる番組を制作する部署です。野球、サッカー、ゴルフなどのスポーツ中継をしたり、ワールドカップや世界選手権などの大きな大会も手がけます。毎日のスポーツニュースを制作したりもしています。その日にあったスポーツ速報を伝えるため、現場で取材し、原稿を書き、編集して放送するとても忙しい業務です。何より、スポーツ選手との信頼関係が大事な職場です。

 

  • 番組のジャンルは様々なので、どんな番組を作ってみたいか自分の世界観を持っておくことが大切。

 

本記事は2016/01/26の情報で、内容はテレビディレクターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する