テレビディレクターの転職と資格・学歴

職業:テレビディレクター

88views

imasia_11704390_M_R

 

テレビディレクターという資格や免許はない

 テレビディレクターになるには、資格や免許などはまったく必要ありません。「テレビディレクター」というのは肩書きであって、資格ではないのです。

 

 しかしながら、アシスタントディレクターとして何年も過酷な下積み時代を経験しないとテレビディレクターにはなれません。

 

 また、テレビディレクターは才能や力量はもちろん、ある程度の学力と豊富な知識が要求されます。何事にも幅広く興味を持つことが大切で、好奇心旺盛な人がテレビディレクターに向いています。わからないことはすぐに調べるクセもつけておくと役に立ちます。

 

  • テレビディレクターは肩書きであって、資格ではない。

 

テレビディレクターに必要な学歴

 テレビ局に入るには、四年制大学卒業以上の学歴が条件となります。大学のレベルや学部・学科はどこでも関係ありません。

 

 文学部なら台本を書く事が得意かも知ませんし、法学部なら政治や法律に詳しく、報道に向いているかも知れません。経済学部や経営学部の人も多いですし、もちろん理工学部や医学部などの理系も大歓迎です。ですが、やはりメディア専攻で学生時代からマスコミや映像を学んでいる人や、テレビ局などでアルバイトをしていた人は入社してから即戦力に繋がりますので、印象的には少し有利です。

 

 アルバイトはテレビ局だけでなく、ラジオ局や新聞社、出版社、レコード会社、舞台やコンサートを手がけるイベンターなどの経験もプラスになります。

 

 一方、制作会社は専門学校卒以上という規定が多く、高卒以上でも入社可能です。なぜなら、最初は誰でもアシスタントディレクターとして現場で修業を積むからです。ある意味では高い学歴で入社した人より、早くから実践で学んだ人の方が使える人材です。

 

 いくら有名大学卒のエリートでも、頭がガチガチで融通がきかず臨機応変に対応できない人は、テレビディレクターには向いていません。テレビ業界は入社してしまうと実力社会ですので、あまり学歴は関係なくなります。いずれにしても、毎日がめまぐるしく変化していく仕事なので、柔軟な頭脳でTPOに対応することが大切です。

 

  • テレビ局は四年制大学卒業以上の学歴が条件。制作会社は専門学校卒以上という規定が多く、高卒以上でも入社可能。

 

本記事は2016/01/22の情報で、内容はテレビディレクターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する