テレビディレクターの転職と面接

職業:テレビディレクター

115views

imasia_1252860_M

 

異業種からテレビディレクターへ転職を希望する人の面接

 まったく別の職業からテレビ業界への転職をする場合、面接ではまず人柄や性格を見られています。面接で緊張するのは当然ですが、焦らず落ち着いて自分らしさを積極的にアピールすることが大切です。

 

 面接で必ずと言っていいほど質問をされる内容がいくつかあります。第一に「なぜ今まで勤めていた会社を辞めて、テレビ業界に転職したいのか?」という転職の動機です。簡単に辞めてしまう人にはテレビ業界の激務は耐えられません。もちろんテレビの仕事だけでなく、ほかの企業でも採用合否の判断基準となります。

 

 第二に「当社が制作している番組を見たことがありますか?」というような、会社や番組に対しての興味の部分です。自分が志望する会社のことについてどれだけ知っているかを問われます。

 

 最後に「今興味を持っていることや特技などはありますか?」という質問です。ここでは自分をアピールできるチャンスですので、積極的に自分の持ち味を伝えます。

 

 そして最後に必ず質問されるのは「どんなテレビ番組を作りたいですか?」です。素直に自分が作ってみたい番組や、テレビ業界でやってみたい仕事について話すことが大切です。自分がバラエティーを作りたいのであれば「こういうバラエティー番組が作ってみたい」と具体的に伝えます。

 

 受けている会社の番組について調べていれば、そこの番組カラーもわかってきます。例えば、視聴率のいい旅番組を作っているとしたら「自分も旅行が好きなので、こういう旅番組を作りたい。」というように、趣味と仕事で実現したいことを重ねてアピールします。ダイレクトに「○○(番組名)を作りたいです!」と熱く猛アピールするのも一つの手です。

 

  • 焦らず落ち着いて自分らしさを積極的にアピールすることが大切。

 

同業種からテレビディレクターへ転職する人の面接

 ここではテレビディレクターが会社を辞めて、新たな会社を受け直すケースではなく、同じテレビ業界でもテレビディレクターではない職種から転向する人についてご紹介します。

 

 カメラマンや音声などの技術スタッフ、編集マン、営業職や事務職、などからの転向はよくあります。同業種でもテレビディレクターをやってみたい人が結構いるのです。

 

 そのような人は、面接でまず「過去に担当した番組」や「過去の実績」、今までこの業界でどういう経験を積んできたかが問われます。そして、続いて質問されるのが「この会社を志望する動機」やそして「作ってみたい番組」などです。注意点としては、この業界はどこかで繋がっているので、決して前にいた会社の悪口を言ってはいけません。

 

 どれもテレビ業界にいた人なら簡単に答えられる質問が多いです。難しく考えずに、素直にリラックスして伝えることが大切です。

 

  • 難しく考えずに、素直にリラックスして伝えることが大切。

 

意表を突く質問もある

 採用する側はテレビディレクターの業務内容について、「仕事はかなり忙しいけど、熱があっても休めないことがある。」「休みはあまり取れないし、時間も不規則。」「徹夜になることもあるけど大丈夫?」などと、マイナス面を言ってきます。それは、憧れだけや中途半端な気持ちで入ってほしくないからです。

 

 ですから「面接であんなこと言われたからダメかも知れない。」と落ち込む必要はありません。最初から現実を知り、覚悟を決めて面接に向かえば、堂々と答えられる質問ばかりですので、腰を据えて面接に臨みたいところです。

 

  • マイナス面を行ってくるのは、中途半端な気持ちで入ってほしくないから。

 

本記事は2016/01/22の情報で、内容はテレビディレクターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する