テレビディレクターの転職と志望動機

職業:テレビディレクター

236views

imasia_9331577_M

 

志望動機は具体的に伝える

 テレビディレクターに転職を希望する場合、テレビ局か制作会社に採用されることが第一歩です。

 

 異業種からテレビディレクターに転職する人が、それまでの仕事を辞める理由は、「今の仕事にやりがいを感じない」「今の仕事は毎日同じことの繰り返しだ」「自分の才能が発揮できる仕事に就きたい」などが挙げられると思いますが、志望動機によくあるケースは「テレビが好きだから」というものです。

 

 テレビが好き、はもちろん必要な要素なのですが、テレビ局や制作会社など採用する側にとっては、そんなありきたりの動機では何の魅力もありません。「なぜ、今までの仕事を辞めてまで転職したいと思ったのか?」「どうしてこの会社を選んだのか?」という具体的なことが聞きたいのです。テレビディレクターを目指すならテレビディレクターにふさわしく、明確にはっきり理由を伝えることが大切です。

 

 「小さい頃からお笑いに興味があり、漫才の公開番組をよく観に行った。自分も多くの人に笑ってもらえるような、バラエティー番組が作ってみたい。」「私は音楽が好きで、バンドをやっていた。幅広いジャンルの歌手やミュージシャンが集う音楽番組を作りたい。」などと、具体的に述べることが大切です。

 

  • 志望動機は、明確にはっきりとした理由を伝えることが大切。

 

諦めず「意気込み」をぶつけてみる

 まったく違う他業種から、テレビディレクターの中途採用はかなり難しいです。

 

 例えば、商社の営業マンだった人なら「営業職」で採用されるかも知れませんし、IT企業でWEBデザインをやっていた人なら「編集」で、CGなどが作れることを期待されるかも知れません。テレビ業界に入るだけなら方法はいくらでもあります。

 

 しかし、テレビディレクターの中途採用となると、多くは「経験○年以上」などと条件を出しています。テレビ局はよほどのコネがない限り、経験と実力を重視しますので、どちらかと言えば制作会社の方が入りやすいです。何故かというと、近年はテレビ局が番組づくりを制作会社に依頼することが多いため、制作会社のテレビディレクターはいつも人材不足状態なのです。求人情報をこまめにチェックしていれば、条件に合う募集が見つかります。

 

 前職の経験が思わぬところで生かせるケースもありますので、どんな人でも可能性はあります。諦めず「テレビディレクターになりたい」という情熱をぶつけてみてください。

 

  • 未経験からの中途採用はかなり難しい。しかし、どんな人でも可能性はある。

 

本記事は2016/01/22の情報で、内容はテレビディレクターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する