アロマセラピストの独立・開業

職業:アロマセラピスト

40views

imasia_4793016_M

 

いつ独立・開業するか?

 一般的には、アロマセラピストとしてサロンなどで何年か勤務した後、独立・開業を目指すことが多いです。もしくは、アロマスクールに通っていると開業などのサポートを受けられる場合があるため、それを利用して独立するパターンもあります。アロマスクールによっては、卒業生のサロンとして卒業後も校内にチラシを設置してもらえるところもあります。

 

アロマセラピストの独立・開業に必要なこと

  • 物理的に必要なもの

 アロマトリートメントを行うスペースと施術ベッドやタオル、精油、ベースオイルなどの基材、ホットタオルを作るタオルウォーマー、トリートメント後にお客様が身支度を整える鏡や椅子、施術前後に出すお茶やスイーツ、サロン内で流す音楽などが必要になります。

 

  • 経営者の視点

 サロンのコンセプト作り、宣伝や広告の打ち方をはじめとする集客方法、メニュー構成、事業計画、経理の知識など、アロマサロンを軌道に乗せるためには、アロマセラピストという一技術者だけではなく経営者の視点が求められます。

 

  • 独立・開業にかかる費用

 一般的に、家賃、タオルや精油などの備品代、光熱費、人件費がかかります。ただし、自宅のひと部屋を利用した開業や1人でサロン運営をする場合は、家賃や人件費を削減することができます。まずは、自分の予算と売上目標に合った開業スタイルを見極めることが重要です。

 

  • 独立・開業に大切なこと

 ありとあらゆるリラクゼーションサロンが存在する中で生き残っていくためには、他と同じようなサロンではなく、今のトレンドを把握して競合相手との差別化を図ることが大切です。そして、ホームページやブログ、Facebook、TwitterなどのSNSを活用できると、効率の良い集客につながります。

 

 また、独立・開業後も、常にお客様に提供できる技術や経営のレベルに達しているかどうか手技の講座を受けてチェックしたり、周囲との情報交換を欠かさずブラッシュアップし続けることが、長く愛されるサロン作りのポイントです。

 

  • 独立・開業のためには、アロマセラピストとしての技術に加えて、経営者の視点も必要。

 

本記事は2016/01/19の情報で、内容はアロマセラピストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する