経営企画の研修

職業:経営企画

54views

imasia_8589340_M

 

研修は顔合わせ的な要素も含む

 経営企画の研修は、会社の方針から現在の中期計画の進捗や、当期までの状況、会社風土や組織についてなど、会社全体を知る機会です。

 

 違う業界からの転職であれば、研修担当から業界の状況やその会社のポジショニングなどを聞く機会があるかと思います。また、経営方針については経営者から直接レクチャーを受けることもありますし、現状の経営計画の説明やその進捗などは各部署長から説明を受けるパターンもあります。

 

 新しく経営企画を発足させる小さな企業であれば、それらをすべてまとめて経営者が行う場合もありますが、OJTで行われることも多く、最初の研修は就業規則の説明程度で終了となる場合もあります。

 

  • 会社の総合的な状況を知る。

 

プロジェクトによって必要な研修は大きく変わる

 経営課題の解決には外部の専門家とのやり取りも出てきます。このとき、基本的なことは分かっていなくてはいけません。前職でマーケティングを主に行っていたとしても、人事制度の変更が必要であれば、そのための知識は入手する必要があります。

 

 その時々に応じて、その仕事を担当する人自身が外部研修などを取り入れながら行っていきます。経営企画は特別なスキルは必要ありませんが、専門家と話ができるぐらいには知識が必要になることが多くあるのです。

 

  • 必要なものは自分で手に入れる。

 

複数の専門知識を同時に学ぶ必要もある

 経営企画では、ゴールの「あるべき姿」は見えていることが多いのですが、途中の道筋が全くないということもよくあります。そして、その道筋をつけようとすると、別の専門的な知識を身につけなくてはいけないということもよくあります。同時にいくつかの専門分野について学ぶ必要がでるのです。

 

 経営企画の役割は、専門家のノウハウを必要な部分で活かして、自社の最適な状態を作っていくことです。経営全般についての知識も得ながら、それぞれの専門分野に関してもその分野が抱える大きな問題点ぐらいは知っておく必要があります。研修は常に欠かせませんが、その内容を自ら企画することも仕事一つになります。

 

  • 専門家を使う立場としての知識を入手する。

 

本記事は2016/01/19の情報で、内容は経営企画としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する