経営企画と分析

職業:経営企画

27views

imasia_13215792_M

 

分析業務から始まることは多い

 経営企画に分析はつきものです。会社の決算数字を読むにしても、マーケティングにしても、組織の状況を見るにしても、課題を解決するためには状況を可視化することが重要です。

 

 分析も様々で、数値を読み込んで結論へ導き出すものもあれば、ヒヤリングなどを重ねて状況を導き出すものもあります。ただ、数値の分析にしろ、ヒヤリングの結果にしろ、データの集積がない限りは何もできないということになります。

 

 分析は、データ収集から始まっています。データを集めやすい状況をつくっておくことが分析のファーストステップです。分析しなくてはいけない項目を予測しておくことも経営企画の大切な仕事です。

 

  • 分析のファーストステップはデータ収集。

 

異なるものを結び付ける力が必要 

 状況の分析をするときには、ひとつのデータだけでなく、いくつかのデータを組み合わせていきます。関連のなさそうなデータであっても、それが現在の課題に影響していることもあります。データから読み取れる情報を増やしておく、別の視点でデータを読み込み、分析するなどのスキルも身につけます。

 

 また、分野ごとに一般的に行われている分析手法がありますので、それらをきちんと押さえておくことです。外部の専門家と話した時に全く分からないのでは先に進めません。

 

 導き出した結果をどわかりやすく見やすくプレゼンする力も必要になります。重要なデータであってもわかりにくいグラフや数値の並べ方ではその重要性が伝わりにくくなってしまいます。

 

  • データの読み方を変えると結論も変わる。

 

分析結果は判断に直接つながる

 分析結果は、経営の重要な判断材料として使われます。どんな分析結果を提出するかで判断も大きく変わることがあります。

 

 前述のようにデータは分析の視点と方法で、導き出される結果が大きく変わることがあります。データの取り方、選び方、そして分析方法で最終的な結論が変わってしまうのですから、分析業務の重要度がわかります。業績を左右するといっても過言ではありません。

 

  • 分析は経営企画の重要業務。

 

本記事は2016/01/19の情報で、内容は経営企画としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する